コレステロール値や中性脂肪でお悩みなら、
内科専門医の在籍する当院におまかせください

コレステロール値や中性脂肪を下げたい…
専門家に相談すれば大丈夫です

脂質異常症は、血液検査を行った際、血液中の脂肪量を示すLDL(悪玉)コレステロール値が基準より高い、またはHDL(善玉)コレステロール値が基準より低い、中性脂肪の値が基準より高い、これらの中で一つ以上該当したときになる病気です。「高脂血症」と呼ばれることもあります。

脂質異常症の診断基準(空腹採血時)


●LDLコレステロール値
140mg/dl以上
●HDLコレステロール値
40mg/dl未満
●中性脂肪
150mg/dl以上

■自覚症状が何もなく放置されがち
 風邪を引いたら熱が出る、といった自覚症状がなく、また高血圧や糖尿病ほど広く知られている病気ではないため、放置されがちです。
そのままにしておくと、血管の壁にコレステロールが蓄積され、動脈硬化(動脈の壁が厚くなってしなやかさを失い、血管が細くなったり、血栓ができたりする)を引き起こします。

■動脈硬化は大きな病気のリスク 
 動脈硬化を治療せずに放置し、悪化すると心臓に大きな負担がかかり、激しい息切れや胸の痛みを起こす狭心症や、冠動脈(心臓に酸素や栄養を運んでいる動脈)が血栓でつまり、心筋梗塞(心臓が栄養不足・酸素不足となる)を起こすこともあります。
また、脳の動脈硬化により血流が悪くなった結果、脳の一部が障害を受けて認知障害(痴呆症)を起こしたり、もろくなった血管が破裂して出血を起こす(脳出血)、血流が途絶えて脳梗塞を起こすなど、動脈硬化は恐ろしい病気の大きなリスクです。

初期症状はほとんどないので、血液検査で確認することが大切です。揚げ物やラーメンといった脂っこい食事やケーキなどの甘い物を好み、太り気味の方は、当院を始めとした医療機関で検査をしてみることをおすすめいたします。

脂質異常症になりやすい7つの特徴

あてはまる数が多いほど、脂質異常症である可能性が高くなります。

1.太り気味である
2.血圧または血糖値が高め
3.デザートやスナック菓子をよく食べる
4.食事の時間が不規則である
5.お酒の量が多い
6.運動不足である
7.野菜、海藻、豆類は好きではない

初期の状態

自覚症状はほとんどないので、危機感を感じない方も多いですが、放置してしまうと動脈硬化が進んでしまいます。食事の改善と生活に運動を取り入れ、これらの生活習慣の改善が難しい方は薬の治療も行います。

コレステロール値の異常を放置すると

コレステロール値に異常があるまま放置してしまうと、肘関節や膝関節、まぶたなどで血管に脂質が詰まって黄色い塊ができることがあります。これは「黄色腫」といい、脂質が異常に多いときにできる特有の症状です。

重度の状態

コレステロール値に異常がある状態が長期間に及ぶと、動脈硬化も進行し、体全体でいつ血管が詰まってもおかしくないので、脳梗塞や心筋梗塞のリスクがとても高く危険な状態です。また、膵臓の機能が低下し、膵臓は急激に炎症を起こす急性膵炎を起こす可能性もあります。高血圧や糖尿病を併せ持つケースも多く、合併している病気と併せて食事の管理と治療を進めます。

もし脂質異常症だったら

脂質異常症の治療は、そのものの治療というより、コレステロール値を正常にして、動脈硬化や心筋梗塞・脳梗塞を防ぐことが目的です。当院では動脈硬化の進行状態や肥満の程度など、その方の状態に合った治療法を提案いたします。
すべての治療の基本は食事療法です。脂質異常症の大きな原因は食習慣にあります。 それは糖尿病や高血圧になる原因とも共通しており、薬でコレステロール値を正常にしても、食生活が変わらなければ、いずれ高血圧や糖尿病も発症します。 それをまた薬で下げて…ということを続けていれば、薬が増え続け、身体の負担がどんどん大きくなってしまいます。 それを防ぐために、食事についてしっかり考え、食生活を正していくことは、治療においてとても重要なことです。
まずは健康診断などで、ご自身のコレステロール値を把握しましょう。 高いことがわかっている場合はすみやかに受診し、改善をはじめましょう。
▼
電話番号のご案内

当院を受診していただく場合の流れ

ご予約

お電話はまたはWEBよりご予約をお願いします。ご予約なく来院されますと長くお待たせすることがあります。当日でも空きがあればご案内できますので、まずはお問い合わせください。

来院

京浜急行の弘明寺駅から神奈中バスで3分、上六ッ川停留所下車。横断歩道を渡ったら当院があります。

問診表記入

受付を済ませ、診察の前に必要事項をご記入ください。

診察

医師に現在のお体の気になることをお話しください。予約制のため、短い待ち時間でお呼びいたします(緊急の対応などで、最大30分お待ちいただくケースがございます)。

栄養指導

栄養指導室で管理栄養士が食事についてのアドバイスをいたします。ライフスタイルや食事習慣などをお伺いし、その方に合った改善策をご提案いたします。※最初の診察では行わない場合もあります

お会計

受付でお会計を済ませてお帰りください。

私たち医師に、お気軽にご相談下さい

三島院長

上六ツ川内科クリニックでは、地域密着の姿勢を保ちながら専門性の高く信頼できる医療をモットーに私の専門分野である呼吸器内科の診療を中心として、内科・小児科の診療をスタッフ一同全力で行っています。皆様の健康の窓口として、どんなことでもお気軽にご相談ください。


井畑先生

受診する患者さんは体調が悪いだけでなく、病気についてわからないことから不安をお持ちなっている方が多いと思います。受診することで、身体だけでなく心の重荷を減らし、すっきりした表情で自宅に帰れるような外来を目指しています。


山﨑先生

患者さん一人一人に合った、質の高い医療を提供していきたいと考えています。患者さんに笑顔になってもらい、健康で楽しい人生を送ってもらえるように頑張りたいと思います。


患者さんの症状や悩みをパーソナリティや背景も含めて正確に把握し、適切かつ必要な医療との接点となるため、常に新しく正しい知識をもって診察を行います。


糖尿病内科医として総合病院で勤務してきました。 糖尿病内科医の道を選んだのは、「人と話す」ことが多い内科医であると思ったからです。

日々の診療では、「話をする」時間は限られてしまいますが、できるだけ患者さんと親密な関係を築くことを常に心がけています。

私達も応援します

写真

 

管理栄養士 さとう
何よりもまず患者さまとの信頼関係を築くことを大切にし、患者さまの気持ちに寄り添います。

患者さんの声

考えながら取り組んでいけそうです
患者さまの声


血液検査を行って、日頃よりもコレステロールが高く、自身ではなかなか改善できそうになかったので、受けてみようと思いました。 日頃、夜遅くに夕食や好きな物を食べていましたが、週に肉・魚、間食のパン(菓子パン)を考えながら少しずつ取り組んで減らしていきたいです。

横浜市神奈川区 B.Cさま(40代女性)

▼
電話番号のご案内

2回目以降の御予約はこちら