肥満は、様々な危険因子を作り出します

肥満イメージ
 肥満症とは単に体重が多いということではなく、体脂肪が過剰にある状態を意味します。今までも肥満症が健康に対して様々な弊害があるということが言われてきましたが、その関係は漠然としたものでした。
最近の研究で、この体脂肪の過剰状態は、皮下脂肪の過剰と内臓脂肪の過剰とに分類され、内臓脂肪の過剰が、動脈硬化症に対する様々な危険因子を作り出しているということが明らかになってきました。

コレステロールの数値が高い、喫煙習慣などは、それだけでも動脈硬化症の大きな危険因子ですが、それに加え、内臓脂肪過剰状態が存在すると、血糖や血圧、また中性脂肪が少し高いだけでも動脈硬化が進行するということが明らかになり、それを予防しようということで、「メタボリックシンドローム」という概念が作られました。

ボディマスインデックス:BMI
BMIの計算
自分がどのくらい肥満しているのかを知るにはまず、ボディマスインデックス(Body Mass Index:BMI)を計算しましょう。

BMIとは身長と体重から計算した肥満度の指標の一つで左の式で求めます。統計上、BMIが22の人が病気になりにくく、死亡率が低いことが知られていますので、BMI=22の時の体重を理想体重、または標準体重とします。その体重に対してあなたの体重が何%オーバーしているかということで、肥満しているかを判定します。

体脂肪の測定

実際に体内の脂肪の蓄積量をはかるにはどうすればよいのでしょうか?

体密度法 大きな水槽の中に身体を沈め浮力から体内の脂肪量を推測
皮下脂肪測定 肩甲骨下端部や腕の皮下脂肪つまんで皮下脂肪量を推測する方法
CTによる測定 内臓脂肪量などが正確に定量ができます。但しX線被爆が伴います
体脂肪計 最近、身体のインピーダンス(身体の抵抗量)を計りその結果、体内脂肪量を類推する方法が開発され一般的になりつつあります。しかし、家庭用の簡易型は誤差も大きくあくまでもひとつの目安でしかありませんので数字に一喜一憂はしないでください。

体脂肪率の正常値 体脂肪率の肥満の基準
男性 14~20%(30歳以下)17~23%(30歳以上) 男性 25%以上
女性 17~24%(30歳以下)20~27%(30歳以上) 女性 30%以上

地域の皆さまが健康で豊かな生活を送れるよう、
日々の健康サポートも当院にお任せ下さい!

▼

電話番号のご案内

2回目以降の御予約はこちら