親切、丁寧でプロ意識の高い専門スタッフが
患者さまの健康をサポートします

看護師 / 臨床検査技師 / 放射線技師 / 受付スタッフ / 管理栄養士

看護師

みしまともこ

培ってきた呼吸器の知識で
患者さまをケアします

写真

 子供の頃は人見知りな性格で人前に出るのが苦手でしたが、それでも保育園に通っていた頃から「看護師さんになる」と言っていたようです(大人になって保育園の時のお誕生日カードを見たら書いてありました!) 。なので、他の職業を考えるまでもなく、進路を選ぶ時は迷わず看護師になると決めました。
 当院は呼吸器内科専門のクリニックです。私は当院で働く前も呼吸器と循環器の専門病院で働いていましたので、そこで培ったスキルや知識を活かして患者さまに関わっていきたいと考えています。
 常に患者さまの立場に立った、心あたたまる看護を心がけています。

さんのみやきょうこ

「もし家族だったら」と常に考えています

写真

 私は田舎育ちで家の前は畑だったので、子供の頃は毎日自然の中で走り回るおてんば娘でした。
 人の役に立つ仕事に就きたいと考え、家族の病気をきっかけに看護の仕事を始めました。患者さまと接する時は「もし自分の家族や友人だったら」という思いで接しています。
 少しでも苦痛や不安を取り除けるよう、丁寧な対応を心がけ、皆様が少しでも良い生活が送れるようにサポート出来たら…と思っています。

たきがわ ゆきえ

信頼していただける看護を
提供していきたいです

写真

 私は田畑に囲まれた田舎で育ち、いつも決まったメンバーで公園で一輪車に乗って遊ぶなどしていました。
 高校は商業高校に入学し、卒業後は就職を考えていましたが、在学中に祖父が入院し、お見舞に行った時に看護師さんが優しく接してくださっていたのを見て、私も人の役に立つ仕事がしたいと思うようになり、看護師を目指しました。
 専門性が高く勉強会もあるので、自分の知識や技術が向上できるのではと考え、上六ツ川内科クリニックに入職いたしました。
 患者様にはいつも笑顔で接することを心がけ、優しさのあふれる、信頼できる看護が提供できるよう努力していきたいと思います。

くろき みなこ

患者さんにとって接しやすい信頼のある
看護師になれるよう精進します

写真

 私は小学校1年生の頃から、ここ、六ツ川で育ちました。

幼い頃は友だちと外で遊ぶことが大好きな子どもでした。
私が子どもの頃、祖母がリウマチを患ったことが、私が看護師を目指そうと考えるきっかけでした。
その思いが強く、幼い頃からあまりぶれずに看護師の道を進みました。

自分が育った地で、地域密着かつ専門性があり、自身のスキルアップもできる環境に魅力を感じ上六ツ川内科クリニックに入職いたしました。

患者さんにとって、接しやすい、信頼のある看護師になっていけるよう精進して参りたいと思います。

電話番号のご案内

臨床検査技師

かとうかおり

明るく笑顔で丁寧にを心がけます

写真

 私は小さい頃からおっとりマイペースな性格で「いつもニコニコしているね」と周囲から言われていました。
 家族が病気になった時、自分の無力さを感じ、少しでも役に立ちたいと思い、医療の道に進みました。
 職員の教育、研修に力を入れていることと、患者さまを第一に考え、思いやりのある医療を提供していることに魅かれて、上六ツ川内科クリニックに入職いたしました。
 患者さまには安心していただけるように、明るく笑顔で丁寧にを心掛け、採血や検査をさせていただきます。

こばやしめぐみ

親切、丁寧を心がけています

写真

 心電図、呼吸機能、採血などをさせていただきます。
 親切・丁寧にを心がけ、検査してもらえてよかったと思って頂けるよう頑張っていきたいと思います。
 どうぞよろしくお願いします。

にしの えり

安心して検査を受けていただけるよう
努めてまいります

写真

 私は虫取りや外で遊ぶことが大好きな、やんちゃな子どもでした。そんな私も病院に行くと緊張と不安でいっぱいになってしまっていたのですが、検査をしてくださった検査技師さんが優しくフレンドリーに接してくださり、検査についてもわかりやすく話してくださったりもして、診察の時には少し落ち着き安心できていたのを今でも覚えています。ですので今度は私が検査技師さんのような立場の人になって患者さんを安心させられたらと思い、医療の道を目指しました。

 上六ツ川内科クリニックは、患者さまと密に接することができ、また院長やスタッフさんたちに向上心がありスキルアップできる環境だと感じ、自分もその中で成長していきたいと思い入職いたしました。
 患者さまの治療のため、今後のためにしっかりとした検査結果を出し、またその検査の中で少しでもリラックスしていただけるような対応を心がけて検査業務に臨んでいきます。

きたざわ たくや

患者さんと直接向き合い、地域医療に貢献したいです

写真

私は長野で生まれ育ち、5つ上の姉とは昔から仲が良かったです。幼い頃から医療従事者として病院で働くことへの憧れがあり、中学生の時から検査技師を目指しその後大学に進学しました。
患者さんと直接向き合うことができ、地域医療の最前線で貢献したいと思い、上六ツ川内科クリニックに入職いたしました。患者さんの声をしっかり聴き、正確な検査を行うことができるよう日々努力していきます。

いしまる えりな

笑顔で丁寧に接します

写真

子供の頃は大人しくて引っ込み思案でした。先天性の心疾患だったこともあり、子供の頃から医療の現場で人様のお役にたちたいと思っていたことと、臨床検査技師の親戚から仕事のことなどを聞き興味が沸き目指そうと思いました。
上六ツ川内科クリニックは、専門性が高く、自分の知識、技術を高められると思い入職しました。患者さまの不安な気持ちがなるべく少なくなるように、笑顔で丁寧に接することを心がけています。

みやこ しずえ

気兼ねなく声をかけてもらいたいです

写真

母が看護師をしているので、昔から手に職をつけろと言われていました。
社会人になってから、同僚たちが結婚して退職してしまい、やはり手に職をつけようと思い直し、社会人枠で臨床検査技師を受け、専門分野での知識を身につけようと思い、上六ツ川内科クリニックに入職しました。

人と接することが好きなので、誰からも気兼ねなく声をかけてもらえるような臨床検査技師を目指して頑張りたいと思っています。


電話番号のご案内

放射線技師

くろぬま あきひろ

親しまれる放射線技師を目指します

写真

 私は幼い頃から体が弱く、病院通いをする日々でした。そんな折、父親が病気で倒れ入院をしてしまいました。その頃から医療の職に就きたいと思い現在に至ります。

 上六ツ川内科クリニックは地域密着であり、私の好きな患者さまと近い医療現場であると思い入職いたしました。患者さまに親しまれる技師をめざし働いてまいります。

よしとみみき

患者さまの立場に立ち、寄り添っていきます

写真

 私は福岡で生まれ育ちました。母が体が弱かったこともあり、幼い頃から自然と医療関係の仕事に就きたいと考えるようになりました。
 診療放射線技師を選んだのは、高校の時に物理を選択していたことが関係していたと思います。
 上六ツ川内科クリニックに入職したのは、地域密着型のクリニックで技師としてのスキルアップはもちろん、専門的な知識等のスキルアップができる環境だと思ったからです。
 常に患者さまの立場に立ち、寄り添っていけるようなスタッフの一員として日々精進していきたいと思います。

受付スタッフ

たけやまちさと

安心して任せていただける受付業務を
心がけています

写真

 子供の頃に家族が入院をしたことがあります。その時に病院の先生はじめ、スタッフの皆さんにとてもお世話になりました。不安で仕方ない私達に、いつも温かく接してくださったことが忘れられません。その体験から私にも何かお手伝いができないか、お世話になったお返しをしたいという思いで仕事をしています。
 来院される皆さまが、安心して任せられるよう心掛けておりますので、何かありましたらお気軽にお声をおかけください。
 地域の皆様が安心して受診できるような受付業務を心掛けておりますので、これからもよろしくお願い致します。

おおた えり

笑顔と話しかけやすい雰囲気づくりを
心がけています

写真

 私は4人兄弟の一番上です。家族も多く、親戚と接する機会も多かったので、小さい頃から人と接する、役に立てる仕事に就きたいという漠然とした思いがありました。
 出産を経て再び社会に出るにあたり、子育てとの両立の不安もありましたが、やると決めたら家族のため、自分のためにもなるスキルアップができる仕事をと考え、上六ツ川内科クリニックに入職しました。
 来院された患者様が最初に出会う受付は、第一印象を左右します。心配や不安があって来院された患者様に「来てよかった」と思っていただけるように笑顔で出迎えるよう心掛けています。
 患者様に一番近い存在として、気軽に話しかけて頂けるような雰囲気づくりと丁寧な対応をしていきたいと思っています。

くらはし えみ

思いやりを忘れずに日々成長して
いきたいです。

写真

 子供の頃は家で遊ぶより公園で遊んだり、外で踊ったりするのが好きな活発な子供でした。
人と話すのが好きということもあり、大学卒業後の就職先は接客業を選びました。その中で、接客の経験を活かしながら資格を取りたいと考え、医療事務の道に進みました。
上六ツ川内科クリニックで、相手の立場に立ち、思いやりの気持ちを忘れず日々成長していきたいと思っています。

おかざき あきこ

お世話になった病院で触れた優しさが
病院で働きたいと思ったきっかけです

写真

 私には娘が二人おりますが、長女は肺炎や喘息で入院、次女は早産で未熟児だったために長期入院と、長期間にわたり定期的な通院が必要でした。不安が多かった私に、お忙しい中でも治療以外でも優しく声をかけてくださる先生やスタッフの方にとても感謝しています。
再び仕事をするにあたり、やってみたい仕事を考えた時に「病院で働いてみたい」という思いがあり、上六ツ川内科クリニックに入職いたしました。
体調を崩されている方は特に不安も多いかと思います。その不安を少しでも取り除けるよう、患者さまの気持ちを想像し、安心して診察に入っていただけるよう心がけます。笑顔を忘れずに丁寧に対応していきたいです。

電話番号のご案内

管理栄養士

さとう はるか

患者さまの気持ちを考えた栄養指導を行います

写真

私は幼い頃から食べ物に関わる仕事に興味があり、漠然と将来は食に関る仕事がしたいと考えていました。そんな時、自身が栄養指導を受ける機会があり、管理栄養士という職業を知りました。それをきっかけに、食事で困っている人を助けたいと思い、管理栄養士になるこを目指し勉強してきました。

上六ツ川内科クリニックは栄養指導に力を入れており、より患者さまの近くで働くことのできる環境であると思い入職しました。
栄養指導をさせて頂くにあたり、何よりもまず患者さまとの信頼関係を築くことが大切だと思っています。患者さまの気持ちに寄り添い、常に学ぶ姿勢を心がけています。

なばえ ありさ

患者さまに笑顔で帰っていただきたいです

写真

横浜で生まれ育ち、小さい頃から生き物が大好きでした。
たくさんの生き物と触れ合ううちに、「生きること=栄養」と考え、食のプロフェッショナルと言われるような栄養士になりたいと思い、
食事指導や栄養教室にも力を入れている上六ツ川内科クリニックにとても魅力を感じ、管理栄養士として尽力したいと思い入職しました。

病気になる前の「未病」を防ぐために、食は重要な要因だと考えています。
患者さま一人ひとりと向き合い、最後は笑顔で帰っていただけるよう心掛けて対応しております。

すずき ともこ

栄養指導を通して
患者さまの治療に関わっていきたいです

写真

私は、食べることが大好きな子どもでした。

同時に、中学生の頃からさまざまな流行のダイエット方法に振り回されては失敗を繰り返す学生時代を送りました。

進路を決める際、食の情報があふれている中で、本当に正しい食の知識を学びたい、それで人の役に立てたら…と考え、栄養士を目指すことを決めました。

前職では、病院の厨房で入院食の調理に携わっていましたが、患者さまと直接関わって栄養指導のできる栄養士にスキルアップしたいと考え、上六ツ川内科クリニックに入職いたしました。

栄養指導を通して、『患者さまの治療に関わっている』という意識と責任感を持ち、常に勉強し続けていくことを心がけています。

おかだ はるか

患者さまと一緒に考え、
その方に合った栄養指導ができるよう
努めていきます

写真

私は幼い頃からお菓子作りや料理をして家族に喜んでもらうことが好きで、食に対する興味を持つようになりました。

そして、食事の面から人の役に立てないかと考え、管理栄養士を目指しました。

上六ツ川内科クリニックでは栄養指導に力を入れており、患者さま一人一人に寄り添ったサポートができる環境であると感じ、入職いたしました。

患者さまの不安や悩みを取り除くために、一緒に考え、その方に合った栄養指導ができるよう、日々努力を続けていきます。

電話番号のご案内