• リウマチと遺伝

    近年の遺伝子研究の結果、リウマチの発症原因の約40%は遺伝子が原因だと分かっています。 ただし、普通の方が想像するような、いわゆる遺伝病ではありません。 母親がリウマチだからといって、必ずリウマチになるわけではありませんが、一般女性のリウマチ発症を200人に1人と考えた場合、身内にリウマチがいる方の発症率は、100人に1人ぐらいにあがります。 また、普通の遺伝病(たとえば遺伝性筋ジストロフィーなど)は数万ある内の、たった一つの遺伝子で決まるのに対して、リウマチの場合はおそらくは10以上の複数の遺伝子の組み合わせで発症すると考えられています。 ですが、遺伝的要... 詳しくはこちら