• 喘息とアルコールの関係

    アルコールは喘息の発作を誘発すると言われています。 実際に、お酒を飲んで発作が起こった経験のある方も多いのではないでしょうか?   なぜ、アルコールは喘息の発作を誘発するのでしょうか? その理由は、「ALDH2(アルデヒド分解酵素2) 不活性型」という体質にあります。 日本人は、この分解酵素が完全に欠損している人が約20%、不完全に欠損している人が約40%いると言われています。これはわかりやすく言うと「アルコールを速やかに分解できない体質」ということです。 体内に吸収されたアルコールは、肝臓で無害な酢酸に分解されますが、その過程で有害な「アセトアルデヒド」...
    詳しくはこちら
  • 小児喘息にステロイドは安全?

    イメージ画像
    小児喘息のお子さんをお持ちのお母さんたちの多くが、受診して最初に不安に思うこと。   「子供に吸入ステロイド薬って本当に大丈夫なの?身体に害はないの?」   「ステロイド」という言葉のイメージがそうさせてしまうのでしょう。 ステロイドって副作用が多いんじゃないの?ずっと使ったらいけないんじゃないの? 頭の中は、そんな疑問でいっぱい   大切な子供にそんな薬を使うなんて…という思いから「使いたくない!」と仰る方も多くいます。 これは 「吸入ステロイド薬」と飲み薬や注射の「ステロイド薬」を混同して起こる不安です。 では、吸入ステロイド薬と飲み薬や注...
    詳しくはこちら
  • 喘息と保育園、早め早めの判断を。

    小児喘息を持つお子さんのお母さんは、保育園や幼稚園で発作を起こしていないだろうか? と心配になりますよね。 お母さんの心配をよそに、保育園や幼稚園の環境や生活が問題となって発作を起こすケースはそう多くはありません。   実は、発作を起こす時は朝から様子を見た方が良かったケースが多いのです。 これまでは、 「前日に家庭で発作を起こしたが、朝は治まっていたので登園させた」 「朝起きてからちょっとゼーゼーしていたけど登園させた」 という判断をしていたお母さんは、 今後は「園を休ませて、受診する」という判断に変える方が安心です。 園に行くと...
    詳しくはこちら
  • 喘息が秋に悪化するのは本当?

    9月に入り、すっかり涼しくなりましたね。 やっと暑さから解放された!過ごしやすくなった!と喜んでいる方も多いと思いますが、喘息の方は、少し調子が悪いと感じる日が増えるのが秋です。 秋は、長く診察に来ていなかった方が駆け込んでくることが増える季節でもあります。 それはなぜなのでしょうか?理由は3つあります。 その1.急に気温が下がる 夏から秋になる今の時期は、大きな寒暖差があります。 8月の初めは猛暑だったのに、8月末にはすっかり秋めいてきたことを思えばわかりやすいですよね。その上連日のくもり空と雨…。この寒暖差が気道には刺激となって、咳を招きます。 喘息の発作は、1日のう...
    詳しくはこちら
  • カビ、秋も梅雨同様に対策を。

    今回の台風18号は甚大な被害をもたらしていますね。 被害を受けた皆さまに心からお見舞いを申し上げます。 横浜でも、数日前までまるで梅雨のように長い雨が降り、湿度が高い日が続きました。 実は秋は、梅雨と同様にカビに気を付けたい季節です。 カビは、多温多湿な環境にある食べ物、植物、プラスチック等、どんなものにでも発症し、 時に私達の健康に害を及ぼすことがあります。 カビが私達の身体に及ぼす悪影響 ・感染症 ・アレルギー反応 ・カビ中毒 「カビによる感染症」 空気中に浮遊しているカビを吸い込むことで起こる感染症には、真菌性肺炎、カンジダによる食道炎や胃腸炎、クリプトコッ...
    詳しくはこちら