• 朝の喉の痛みを防ぐ3つの方法

    空気が乾燥するこの季節、朝起きてみると喉が痛かったり、咳が出たりすることはありませんか? その原因は、睡眠中に口から乾燥した空気を取り込んでしまっていることにあります。 鼻からしっかり呼吸ができていれば、空気は副鼻腔を通過する間に温められ、適度な湿度になって気管に入っていきます。 しかし寝ている間に無意識に口を開けて呼吸をしてしまっていると、乾燥した空気がそのまま気管に入ることになり、気管粘膜が乾燥し、喉が痛くなったり咳が出たりします。 朝まで口を閉じていられたら、それが一番いいのですが、眠っている間のことはどうにもなりませんよね。 そこで、朝の喉の痛みや咳を防ぐ...
    詳しくはこちら