高血圧の人も満足!さっぱりレモン鍋!

監修: 三島 渉(医学博士、横浜弘明寺呼吸器内科・内科クリニック理事長)
呼吸器学会専門医/禁煙学会専門医/アレルギー学会専門医/内科学会認定医
医療法人社団ファミリーメディカル理事長

こんにちは。

現在、日本で約4000万人の方が高血圧だと言われている事ご存知でしたか?

高血圧は国民病であるとされていて自覚症状がない為、いつのまにか症状が進んでしまうケースも少なくはありません。

ほおっておいてしまうと、心臓や血管、腎臓に負担がかかってしまう為、脳血管障害や心臓疾患、腎臓疾患、血管疾患の4つの慢性的疾患を引き起こしてしまいます。

 

高血圧や生活習慣病で皆様の悩みの種が食生活だと思います。

今日はそんな方のためにさっぱりレモン鍋のご紹介をしたいと思います!

 

(材料 2人分)
豚ももしゃぶしゃぶ用 150g
白菜          中4枚
みず菜        1束
長ネギ        1本
えのき        大1袋
レモン        お好みで1/2~1個
鶏がらスープの素   大さじ1
水           1リットル

作り方
1. 白菜、水菜はざく切り、長ネギは斜め切り、えのきはいしづきを落としほぐしておく。

2. レモンをよく水洗いし、うすくカットする。

3. 鍋に水と鶏がらスープの素を入れ、1の野菜を加え煮る。

4. 野菜が煮えたら豚肉を入れ、アクをとる。

5. 2のレモンをまんべんなく乗せ、一煮立ちさせる。

 

高血圧の方が塩分過多にならずに美しく楽しめる鍋料理です!

レモンに多く含まれているクエン酸の酸味は減塩効果があり、塩やしょう油も少なくて済むので塩分の取りすぎを防いでくれます。

またクエン酸の作用で老廃物を排泄し高血圧を防ぎます。

レモンは火を通しすぎると苦味がでるので、サッと火を通した後は早めに取り除きましょう。

野菜やキノコは家にあるもので代用できます。

ほうれん草や小松菜、ニンジン、しめじなども合いますよ!

お肉は豚肉以外でも鶏手羽や牡蠣もお勧めです!

 

誰でもおいしくいただけるのでぜひお試しください!

監修者プロフィール

三島 渉 (医学博士、横浜弘明寺呼吸器内科・内科クリニック理事長)
呼吸器学会専門医/内科学会認定医/禁煙学会専門医/アレルギー学会専門医
医療法人社団ファミリーメディカル理事長

平成9年横浜市立大学医学部卒業。呼吸器内科専門医として活躍する一方、現代医学の限界を痛感。医学研究による解決を目指し、横浜市立大学大学院入学。分子細胞生物学を専門として、がん転移に関連する細胞機能の研究を行い、平成17年医学博士取得。

その後再び臨床の現場に戻るも、症状がひどくなってからでないと来院してもらえない医療の世界の構造的な問題を認識。

「症状がまだ軽いうちに気軽にかかってもらえるクリニックをつくろう」と決意し、平成19年横浜市南区に呼吸器内科専門の「上六ツ川内科クリニック」を開院。病気が進行すると改善が難しい呼吸疾患の早期発見・早期治療の重要性を伝えている。

現在、毎月500人以上の喘息患者と100名以上のCOPD患者を診療。禁煙治療にも力を注ぎ、呼吸器疾患で苦しむ人のいない社会の実現を目指している。年間約100名の禁煙指導を行い、84.6%の禁煙成功率を達成している。

電話番号のご案内 電話番号のご案内
当院の診察は完全予約制です
当院の診察は完全予約制です
アクセス
予防接種予約
WEB予約
よくある質問集
医師募集
スタッフ募集
治験に関するお問い合わせはこちら
糖尿病教室
当院の診察は完全予約制です
アクセス

記事のカテゴリー

横浜市南区六ツ川1-81 FHCビル2階