血液内科

貧血などの症状は、血液内科にご相談ください

貧血症状をはじめ、体がだるい、熱が下がらない、出血が止まりにくい、あざがすぐできる…
もしかしたらそれは、血液の病気が隠れているかもしれません。

血液の異常がみられた場合は、血液内科の医師の診察を受ける必要があります。

血液の病気を診断するためには、まず血液検査を行います。血液検査で赤血球・白血球・血小板の数や成分に異常がないかどうかを確認して、異常があればその原因を調べる必要があります。この血液の異常について、専門に診療するのが血液内科です。しかし、日本には血液内科の専門医は少なく、どこの病院にも血液内科外来があるわけではありません。

14.血液内科_07

  • 貧血
  • 白血病
  • 悪性リンパ腫
  • 血友病
  • 血小板異常

などになります。

当院は横浜市立大学医学部血液内科と提携しており、紹介状が
なくても血液内科専門医の診察を受けられます。

血液内科医を受診するには、通常は近くの病院をまず一度受診し、その病院の医師に紹介状を書いてもらい、その紹介状を持参して大学病院やがんセンターなどの高度専門医療機関に受診しなくてはいけませんが、当院ならそんな煩わしさを感じずに、大学病院の血液内科医を受診できます。

ぜひ血液内科専門医がいる当院までお気軽にご相談ください

▼

問診表ダウンロード

2回目以降の御予約はこちら

血液内科の専門医は私たちです、お気軽にご相談下さい。

宮崎拓也

宮崎先生

資格 日本内科学会 認定医
日本血液学会 血液専門医・指導医
略歴
平成25年  横浜市立大学附属病院 リウマチ・血液・感染症内科
 初めまして。月曜の午前の診療を担当させていただきます。専門は血液内科ですが、内科系疾患全般を幅広く診療させていただきます。

 診療の際は、患者さまとの対話を大切にすることを心がけています。その中で、お一人お一人の患者さまの苦痛や不安を和らげるのに最もふさわしい方法を考え、病気を治していく手助けをすることができればと思います。
 何かお困りのことがありましたら遠慮なくご相談ください。

山本渉

山本先生

資格 日本内科学会 認定医
日本血液学会 血液専門医
略歴
平成26年
横浜市立大学付属市民総合医療センター 血液内科
  月曜午後を担当させていただきます。子供の頃はサッカーばかりしている活発な子供でした。人の役に立つ仕事がしたいと思い、その中でもできれば「直接的」に人に関わる仕事がしたいと思い、医師を目指しました。

 病気が患者さんの人生の妨げにならないよう、もし病気になっても、妨げを最小限にできればと診療にあたっています。宜しくお願いいたします。


松本憲二

松本先生

資格 日本内科学会 認定医
日本血液学会 血液専門医
略歴
平成26年
横浜市立大学付属市民総合医療センター 血液内科
 木曜日午前を担当させていただきます。専門は血液内科です。小さい頃は目立つことが好きでしたが、転校してからマイペースになりました。人に役立つ仕事をしたかったので、いくつかの選択肢の中から、この職業を選びました。
 
 治すことのできる病気であれば早く安全に治すことを目指し、治すことが難しい病気であれば、患者さんが理解してつき合っていけるように努力しています。
 健康診断で貧血を指摘されたり、立ちくらみ、風邪をひきやすいなど気になる症状がありましたらお気軽に御相談下さい。


石橋大輔

石橋先生

資格 日本内科学会 認定医
略歴
平成27年
恩賜財団済生会南部病院 血液内科
 水曜午前を担当させていただきます。幼少期を山梨で育ち、野山でよく遊んでいるような子供でしたが、小学生の頃に東京に移り住んでからはすっかりインドア派になりました。医師を目指すようになったのは人の役に立てると考えたからです。

 診療の際は、患者さんがご自身の病気をよくご理解いただけるよう、わかりやすい説明を心がけています。

血液内科外来は、毎週月曜・火曜午後・水曜午前・木曜午前に診療を行っています


14.血液内科_34

血液の病気かな?とお思いでしたら、お気軽に以下より
ご予約・お問い合わせください。

▼

電話番号のご案内

問診表ダウンロード

2回目以降の御予約はこちら