生活習慣病は、決して放置してはいけない病気です

「ある日突然死に至らしめる症状を引き起こすことが、生活習慣病の怖さ」

脳卒中・動脈硬化・高脂血症高血圧・脂質異常症・糖尿病などの、いわゆる「生活習慣病」は、心筋梗塞や脳卒中の発症に関わる危険因子ですが、いずれもこれらの疾患がある程度進行したり発症するまでは自覚症状がないため放置されていることが現在でも多いようです。そのため、知らぬ間に動脈硬化を進展させ、ある日突然に、死に至らしめる心筋梗塞や脳卒中を引き起こす事が、生活習慣病の怖さと言えます。

 そのため欧米では、特に脂質異常症については「サイレントキラー」と呼ばれています。またこれら生活習慣病(高血圧・脂質異常症・糖尿病など)の各一つ一つの因子は軽度であるのに、同一人に勢ぞろいすると、動脈硬化は非常に早く進展します。欧米の大規模な疫学研究により、これらの3つの危険因子を持たない人に比べ、心筋梗塞等の虚血性心疾患の発症率は高血圧あるいは糖尿病を単独に有する人が2倍、高血圧と糖尿病の両方を有する人は8倍、高血圧・脂質異常症・糖尿病のすべてを有する人はなんと20倍という結果が出ています。 またアメリカの年齢を対象にした調査で、フラミンガム研究では、若年者においては脂質異常症が心筋梗塞の危険因子として重要であること、JAMIS研究の結果からは高齢者においては心筋梗塞の発症に高血圧と喫煙が大きく影響している事が示されています。

生活習慣病の治療

「ただ薬を飲むだけでなく、一人ひとりに合った治療が大切です」

 生活習慣病を治療するにあたっては、他の危険因子が有る場合にはそれらの治療を合わせて行う必要があります。
例えば生活習慣病の中で最も日常的に見受けられる疾患である高血圧(日本では約3000万人いらっしゃると言われています)に関しては、最近の高血圧の診断と治療に関する米国合同委員会第6次報告(JNC IV)や、世界保健機構ー国際高血圧学会(WHO-ISH)による高血圧治療のガイドラインによりますと、心血管疾患のリスクを血圧分類と同時に、高血圧以外の糖尿病・脂質異常症などの危険因子、標的臓器障害や循環器関連合併症(心・脳血管・腎等の合併症)などと組み合わせる事により、低リスク、中等リスク、高リスク、超高リスクの4段階に層別化し、血圧だけでなく各患者のリスクの段階を加味して管理方針の決定に役立てるようになってきています。

 つまり従来の「ただ血圧の薬を飲んで下げれば良い」と言うのでなく、個々の患者さんの年齢・性別・他の危険因子の有無とその進展具合等に合わせて、その患者さんの至適血圧を決め、血圧をどの程度まで下げるべきか目標レベルを設定し、さらにどの様に生活指導を行い、血圧の薬が必要な場合は、どの様な降圧剤を選択するかを決定する様になってきているのです。当院では、個々の患者さんにあったテーラーメイド治療を目指しています。

食生活の改善をサポートいたします

栄養士「毎日の食事について、一緒に考えましょう」

生活習慣病の治療には、毎日の食生活の改善が不可欠です。上六ツ川内科クリニックでは、管理栄養士がひとりひとりの患者様に対して、普段その方がどんな食生活をしているのか、具体的に時間をかけて聞き取りをします。そして、その方にあったきめ細やかなアドバイスを行って、日々の食生活改善のサポートをしています。

栄養・食事に関して素朴な疑問やわからないことは御気軽に当院の管理栄養士にご相談下さい。そして、生活習慣病を上手にコントロールして、イキイキとした毎日を過ごしましょう!

上六ツ川内科クリニックでは、「専門性が高く信頼できる医療を地域密着で提供することによって、健康で豊かな地域社会作りに貢献する」という診療理念のもと、異常の早期発見・早期治療に努めています。

地域の皆さまが健康で豊かな生活を送れるよう、
日々の健康サポートも当院にお任せ下さい!

▼

電話番号のご案内

生活習慣病でお悩みではありませんか?

2回目以降の御予約はこちら