上六ツ川内科クリニック

営業時間 電話番号

医師(内科医)常勤の求人・転職情報(神奈川・横浜)

当直・オンコール一切なしの環境で、専門性を活かして
地域医療に貢献する意欲のある先生を募集しています!!

当直・オンコール一切なしの
環境で、専門性を活かして
地域医療に貢献する意欲のある
先生を募集しています!!

医療法人社団ファミリーメディカル理事長の三島渉です。
お忙しい中、このご案内にご興味をお持ち頂きありがとうございます。

上六ツ川内科クリニックでは、「地域密着で専門性の高い医療を提供し、健康で豊かな社会作りに貢献する」という理念をかかげて診療を行っています。

地域密着型のクリニックでありながら、呼吸器内科、循環器内科、消化器内科、リウマチ・膠原病内科、糖尿病内分泌内科、腎臓内科の各専門医が在籍しており、各領域で専門性の高い診療を行っています。

内科の専門分野は問いませんが、外来診療に特化しながらご自身の専門性を発揮して、地域医療に貢献していく意欲の高い医師を募集しています。

もし、先生が「これまで何らかの専門医としてキャリアを積み、その努力や経験を生かしていきたい。ご自身が興味をお持ちの領域で、専門性の高い診療をできるだけ長く、これからも生涯を通して続けていきたい。」そうお考えであるとしたら、当院は働く環境としてこれ以上ないよい条件が整っているクリニックであると自負しています。

なぜならば、当院で働く事によって、
このような事が得られるからです

上六ツ川内科に勤務するメリット

1近隣基幹病院と密接に連携しており、通常外来で施行する主要な検査はCT,MRI等含めて院内および連携医療機関ですべて施行可能です。

救急患者の受け入れも良好で、重症患者さんの搬送先探しで苦慮することはありません

2内科各領域の専門医が在籍しているため、自分の専門分野以外の領域については気軽に院内で相談することができます。

ひとりで苦手な分野の対応に頭を悩ませる必要はありません。ご自分の専門領域の診察以外は他の医師へのコンサルトが容易です。

したがって、基幹病院の専門外来と同等の外来診療を行うことが可能な体制となっており、クリニックだからといって診療レベルを落とす必要は一切ありません。

3医療クラークによる電子カルテ入力補助をはじめとしたスタッフのサポートが充実しています。

本来医師がすべきでないことや、医師以外でもすることができる雑用は極力排除し、診療の効率性を高めています。
スタッフ教育に力を入れているため、明るく前向きに仕事に取り組むスタッフがそろっています。

何かを頼んだときにイヤな顔をされることはなく、自分自身も仕事に対するモチベーションが自然に上がります。
医師が患者さんへの診察に集中できる環境を整えています。

4クリニックなので、当然のことながら病棟業務・当直や救急対応はありません
5安定した経営に努めながら、今後は積極的な分院展開を計画しています。
ご希望の先生には、分院長など管理職としてのステップアップが可能です。

また、管理職に興味がない場合でも、病院と異なり当直業務がなく勤務日数も相談可能なので、年齢を重ねても身体への負担が少なくより長くご勤務頂くことができます

自分自身の希望に応じた柔軟なキャリア設計が可能です。

上六ツ川内科クリニックはこんなクリニックです

上六ツ川内科クリニックは
こんなクリニックです

2007年に開院した、横浜の古くからの住宅地にある地域密着型のクリニックです。

喘息・COPDなどの呼吸器慢性疾患の診療では、TVや雑誌、書籍などに何度か取り上げられている有名クリニックです。

マスコミ掲載の影響で、現在は近隣の住民にとどまらず、横浜市および神奈川県全域、さらに東京都、千葉、埼玉等の近隣都道府県からも来院する患者さんがいらっしゃいます。

毎月2000人以上の患者さんが来院し、そのうちの半数以上が喘息の患者さんです。
その他の主な疾患はCOPD約 100名、糖尿病、高血圧、脂質異常症等の生活習慣病が約250名、リウマチ膠原病が約30名。残りは急性上気道炎等の急性疾患です。

在籍医師は常勤医師2名、非常勤医師9名で一部の時間帯を除き、基本的に2診体制で診療を行っています。

スタッフは、看護師6名、臨床検査技師5名、放射線技師5名、管理栄養士5名、受付・医療クラーク7名が交代で勤務しています。

患者数が多く、専門性の高い診療を提供することを重視しているために、内科のクリニックとしては珍しい完全予約制の診療を行っています。

再診だけでなく、新患もすべて原則として予約を取ってからの受診をお願いしています。

30分で5名の診察予約枠を設けているため、医師1人あたりの診察人数はおおよそ半日で30名、1日で60名となります。

それ以外に当日風邪などのために予約外で来院する患者さんが数名程度いらっしゃいます。

来院患者数は毎年増加傾向のため、今後は分院展開を通して受け入れ患者数の増大を図っていく計画です。

そのため、医師をはじめとして他の職員採用も積極的に行っています。

職員への診療理念浸透を重視しているため、チームワークがよく、スタッフの仕事に対するモチベーションは高いです。

医療知識だけでなく、仕事に対しての考え方や目標達成スキル、患者さんや同僚・先輩や部下とのコミュニケーションスキル、リーダーシップスキルを高めるための研修を定期的に行い、職員教育に力を入れています。

実際の当院の診療の様子・診療に対する考え方を詳しく知りたい方はこちらの動画をご覧下さい

当院の診療方針

当院は下記のミッションを掲げて診療を行っています。

1症状の軽い疾患早期から専門職が介入して、重症化を防ぐ。
2他の医療機関が提供していない医療サービスを積極的に提供する。

現在の医療は、軽症者は近隣のクリニックなどのかかりつけ医での診療、重症者は基幹病院等の専門外来での診療という形での医療提供が一般的に行われています。

このシステムにおける問題点は、かかりつけ医が適切な診療ができなかった場合、本来重症化しなくてもよかった患者さんが重症化してしまってから基幹病院に紹介され受診してくるということです。

とくに、喘息・COPDなどの呼吸器慢性疾患は、長年かかりつけ医が診療して重症化した後に専門外来を紹介されてくるケースが多く、結果として治療困難になってしまう症例が数多くみられます。

当院は、その現状を打破すべく、かかりつけ医を受診する軽症の段階から積極的な専門医による治療介入を行っています。

また、一般内科・耳鼻科で診断に苦慮する難治性慢性咳嗽の診断・治療にも積極的に取り組み、他の医療機関で症状の改善がみられなかった患者さんの受け入れを積極的に行っています。

生活習慣病に対しては、安易に薬物療法を開始せずにまず最初にきちんと食事療法を行うことを患者さんに提案しています。

そして、食事療法を行っても改善しない場合に、はじめて薬物療法を開始する方針をとっています。

そのため、管理栄養士が常勤・非常勤あわせて7名在籍し食生活に対するアドバイスを行っています。

医師の診察時間ができるだけ奪われないように配慮しながら、適切な医療を推進しています。

院長紹介

院長 医学博士 三島 渉

資格
日本呼吸器学会専門医、日本アレルギー学会専門医
日本内科学会認定医、日本禁煙学会専門医
身体障害者福祉法指定医師(呼吸器機能障害)
略歴
平成9年3月
横浜市立大学医学部卒業
平成9年4月
横浜市立大学附属病院
呼吸器内科・循環器内科・消化器内科・糖尿病内科など内科各専門分野について研修
平成11年4月
三浦市立病院 内科
平成13年4月
横浜市立大学大学院 病態免疫制御内科学博士課程入学
呼吸器内科専門医として勤務、医学博士取得
平成17年4月
横浜船員保険病院 内科・呼吸器科
平成19年10月
上六ッ川内科クリニック 開院
所属学会
米国胸部疾患学会(ATS), 日本肺癌学会
日本呼吸器内視鏡学会、日本分子生物学会
日本細胞生物学会
横浜内科学会 呼吸器疾患の知識を増やす会 代表世話人
詳しい経歴はこちらをクリック

●経歴
平成9年横浜市立大学医学部卒業。呼吸器内科専門医として活躍する一方、現代医学の限界を痛感。医学研究による解決を目指し、横浜市立大学大学院入学。分子細胞生物学を専門として、がん転移に関連する細胞機能の研究を行い、平成17年医学博士取得。

その後再び臨床の現場に戻り、横浜船員保険病院呼吸器内科で勤務。多くの患者さんと向き合う中で、最大の問題は症状がひどくなってからでないと来院してもらえない医療の世界の構造的な問題であると認識。

この問題解決のために「症状がまだ軽いうちに気軽にかかってもらえるクリニックをつくろう」と決意し、平成19年横浜市南区に呼吸器内科専門の「上六ッ川内科クリニック」を開院。病気が進行すると改善が難しい呼吸疾患の早期発見・早期治療の重要性を伝えている。

現在、毎月500人以上の喘息患者と100名以上のCOPD患者を診療。諸悪の根源であるタバコの撲滅と禁煙治療に力を注ぎ、呼吸器疾患で苦しむ人のいない社会の実現を目指している。
年間約100名の禁煙指導を行い、84.6%の禁煙成功率を達成している。

●メディア出演
呼吸器疾患で苦しむ人々を救う専門医として、TVの密着を受けました。

日本経済新聞「私の道しるべ」

WEBインタビュー番組「覚悟の瞬間」
覚悟の瞬間 医療法人社団 ファミリーメディカル 上六ッ川内科クリニック 三島渉

●書籍
「2014最新版 現代の赤ひげ 医療最前線の名医12人」(現代書林)
「頼れるドクター横浜 2016-‐2017 ドクターズファイル 特別編集」(ギミック)
「ご近所ドクターBOOK2016」(ぱど)

●講演/セミナー
・平成28年 横浜内科学会にて座長
・平成25年横浜市南区医師会学術講演会座長(講演) 「COPDの病態と治療の進歩」 「慢性咳嗽の診断と治療」
・平成17~18年 横浜市保土ヶ谷区内の各小学校にて「小学生のための禁煙教室」開催

その他、アステラス製薬、ノバルティスファーマ、グラクソ・スミスクライン、杏林製薬など、 製薬会社主催の講演会・社内研修会で喘息・COPDに関する講演多数。

医師紹介

副院長 医師 山本 栄治

資格
日本内科学会 内科総合専門医
日本内科学会 認定医

医師 医学博士 井畑 淳

資格
日本リウマチ学会 専門医 / 指導医
アメリカリウマチ学会 専門医
日本内科学会 内科総合専門医
アメリカ内科学会 専門医
日本感染症学会 感染症専門医
日本化学療法学会 抗菌化学療法指導医
略歴
横浜南共済病院 膠原病リウマチ内科 医長
国立病院機 構横浜医療センター リウマチ科 部長

医師 山﨑 潤

資格
日本腎臓学会 専門医
日本内科学会 内科総合専門医
日本透析学会 透析専門医
略歴
横浜市立みなと赤十字病院 腎臓内科

医師 小林 裕貴

資格
日本内科学会 認定医
略歴
横浜市立大学附属病院 循環器内科

医師 医学博士 辻村 静代

資格
日本リウマチ学会 評議員
日本リウマチ学会 専門医
日本内科学会 内科総合専門医
日本医師会認定 産業医
略歴
産業医科大学 第一内科 非常勤助教

医師 佐々木 秀哲

資格
日本内科学会認定医
略歴
横浜南共済病院 内分泌代謝内科
横浜市立大学 内分泌 糖尿病内科学教室

当院に勤務して頂いた医師の声


山本先生

 

山本 栄治 医師

 

 

私が当院に就職して働かせて頂き、現在までに感じた感想は以下の7つです。

 

1.クリニックの勤務医だから、医師としてのやりがいを失うということはなく、むしろ病院時代より特に呼吸器に関しては、学びの多い毎日を送ることができ刺激とやりがいを感じています。

 

その理由は、このクリニックが呼吸器疾患、特に気管支喘息とCOPD(慢性閉塞性肺疾患)診療に特化したクリニックで、集中してその領域を院長の指導のもと学べる環境だからです。

 

職場環境としては、医療スタッフ、測定機器が通常のクリニックのレベルを超えて充実しており、その結果気管支喘息などの診断精度の向上ならびに治療経過の評価に大いに寄与しています。

 

また近隣の病院と病診連携のシステムが確立しており、胸部CTの精査を依頼が可能で、また間質性肺炎や肺がんの患者様を比較的スムーズに紹介できるので、安心して診療ができる環境にあります。

 

2.患者さんの優しい態度や言葉に癒されます。

 

このクリニックには遠方からも近隣からも、年齢は1歳ぐらいのお子さんから90歳以上の方まで多くの方が通ってこられます。その人たちの優しい言葉や子供たちの愛らしいしぐさに心癒されます。

 

私は、まずここの地域の住民性が優しいという印象を私は持ちました。ここには、現在でも神社祭礼を地区のみんなでやるというすばらしい習慣が生きています。

 

お祭りはみんなでお互いを思いやり、力を合わせないと伝統の維持も毎年の実施もできないと思います。そのお互いを思いやる日々の心が、ここの優しい住民性を形作っているのではないかと思っています。

 

また、当院の院長や専門医を信頼し慕って遠方から通院してくださっている患者さんがたもいます。
それらの方々の温かいまなざしが、このクリニック自体によい影響を与え、その空気にも私は癒されます。

 

3.医師患者関係、医療訴訟などについて学ぶ機会があります。

 

医師患者関係については適宜参考図書の紹介などがあります。また医療訴訟については、医師会などの主催による研修会への参加があり非常に役立っています。

 

医師は多忙になり自分の精神的な余裕がなくなるほど、医師患者関係は難しくなる危険をはらみ、またその結果最悪の場合訴訟リスクを負うことになります。

 

これらの図書や研修はそのようなリスク回避という意味でも非常に役に立っています。

 

4.診断や治療という医療面だけでなく、他院にはあまりない特徴であるよりよいクリニックになるにはどうしたらいいかという経営的な面を学ぶ機会がある。

 

たとえば、どうやったら、患者さんの求めていることを知ることができるのか、どうやったら今患者さんがよく理解できていない事柄を深く理解させることができるのかということへの取り組みも行っています。

 

院長や研修を受けたスタッフを中心にアンケートを作成、患者さんへの協力を依頼し、集計を行い、それをもとにより良い医療サービスのありかたを定期的に検討しています。

 

ソーシャルネットワークシステムを利用した院内連絡網、ネット予約システムなどのインターネットシステムを利用した患者様へのサービス提供なども私にとっては初めて経験するものでした。

 

また実際に動くだけでなく、今後どういうことを考え出していったらよいかを学ぶ基本となる、ビジネスマーケッティング理論研修などがあります。

 

このような理論と実践による診療形態に触れることで、自分の中の思考回路がブラッシュアップされ、自分がクリニックの今の立ち位置でできることは何なのかを考える機会になっております。

 

またよいクリニックになることを常に目指すことによって、患者様によりよいサービスを提供できるようにする意識付けが常に新たにされる経験をいたしました。

 

5.専門医の先生方が交代で毎週来てくださるので、気軽に院内紹介が可能であり心強く感じています。

 

緊急性も高くなく、専門病院に紹介するほどではないけど、自分で十分に精査加療は難しいと判断された症例を院内紹介の形で気軽に相談できます。

 

6.スタッフのモチベーションが高いと感じています。

 

臨床検査技師さんや放射線技師さんをはじめとしてスタッフの技能が高く、良い意味で日々刺激を受けます。

 

また医師の目の届きにくい部分を各スタッフが協力してカバーしてくれ、結果的に患者様に少しでもよい医療を提供できるような形がつくられています。

 

7.「症状が軽いうちに病気を発見し、治療を開始しそれを継続することで重症化を防ぐ」

 

当クリニックのこの考え方は、私が離島の小さな診療所で実践していた考え方と一致するものでした。

 

十分な施設のなかった離島僻地で早期発見早期治療により救命率をあげるようにしてきた私の考え方が、横浜という都会でも実際通用することに驚きを感じました。

 

また、当クリニックの考え方は、今後はこの地で働くにあたって医師としてのやりがいを生み、支えてくれるものと思っております。

 

以上7つのことが今までここで働かせて頂き感じた感想です。まだ学ばせて頂くことのほうが多く、充分に住民の方々に医療サービスを還元しきれていない部分がありますが、今後も精進を続け少しでも皆様のお役に立ちたいと思います。

 


 

越智先生

 

「週一回からの勤務、整った職場環境で女性でも働きやすいと思います」

越智 友花 医師

 

 

私は平成28年度まで大学病院の消化器内科医として常勤で勤務していましたが、家庭環境の変化・転居に伴い、現在当クリニックで週2回、午後診の勤務をさせて頂いています。

 

院長先生が呼吸器内科のご専門であり、呼吸器疾患の患者さんが多いと伺っていたので最初は心配していましたが、院長先生にも相談しやすく、患者さんを実際にたくさん診させて頂きながら自身のスキルアップにもつながっていると感じています。

 

また、逆に肝機能障害や腹部疾患が疑われる患者さんなどは相談頂いたりと、自身のスペシャリティも生かせていると感じています。

 

また、昨年度まで大学病院で、すぐにどんな検査も出来る体制で診療しておりましたが、こちらで働き始めて、特に診療レベルが下がったと感じることはなく、超音波検査や採血、レントゲン検査、呼吸機能検査など多くは院内で施行可能ですし、CT、MRIなども提携医療機関に速やかにお願いでき、緊急性のある状態以外のほとんどの患者さんが院内にて完結した診療が出来ていると感じます。

 

また、他の専門科の先生方も多数在籍されており、ちょっとしたコンサルトも院内で完結出来るので素晴らしい体制だと思います。

 

また、基本的に完全予約制ですので、大幅な診療時間の遅れもなく、週1回の勤務から相談出来たので、自分のライフスタイルに合わせた勤務が可能だと思います。

 

職場環境についても、毎回クラークさんが隣について予約管理などを行ってくれ、看護師さん、技師さんなども豊富ですので、診療に集中でき、かなりの時間短縮になっていると感じています。スタッフもみなさんフレンドリーで、素敵なクリニックです。

 


 

山﨑先生

 

「診療補助体制が充実、患者さんとは、短い時間でも質の高いコミュニケーションが取れ、働きやすい環境です」

山﨑 潤 医師

 

 

当院の一番の特徴は診療補助体制が非常に充実しているところだと思います。

 

隣に医療補助のスタッフが必ず付いており、患者さんの呼び入れや処方箋発行、次回外来予約、病名登録など、様々なことを代行してくれます。

 

患者さんとの会話の最中に血圧測定も行ってくれるため、短い外来時間で患者さんと良質なコミュニケーションをとることが可能で、効率的で充実した診療を行うことが出来ます。

 

このようなシステムのおかげで、待ち時間が大幅に短縮可能になり、患者さんにも大きなメリットになっています。

 

もう一つの特徴は、気軽に他科の専門医師に紹介できるという環境があることです。

 

呼吸器疾患に関してはもちろんですが、他科の専門医師も勤務しているため、大病院へわざわざ紹介する程ではないけれども、少し気になるような採血結果、検査結果が出た場合に、容易に院内紹介が出来ます。

 

バックアップ体制がしっかりしているため安心して診療することが可能です。

 

クリニックの雰囲気も良く、スタッフは皆優しく対応してくれるため、ソフト面でも働きやすい環境が整っていると思います。

 


 

佐々木先生

 

「診療および診療補助体制が充実しており、患者さんにとって質の良い呼吸器疾患診療を行い、理想的な医療を提供し続けるクリニックです」

佐々木 秀哲 医師

 

 

当院の特筆すべき特徴の一つに、一般診療所レベルとしては驚くほど、遠方からの患者さんが多いことが挙げられます。
南区外からはもちろんのこと、横浜市外からもわざわざ足を運ばれる方も大勢いらっしゃいます。
それだけ、当院での診療レベル(特に院長の専門である呼吸器疾患分野)が優れていることを反映していると思います。
そのため、平日以外にも土日も毎週診療を行っているにも関わらず、毎日のように予約は混みあっています。

 

一般的には、外来患者さんが多い場合、様々な業務に忙殺され、十分な診療が行えないことも少なくありません。
ですが、当院では、診察室の隣で、医療補助を行うスタッフが付き、事務的なことを代行してくれます。
また、看護師、臨床検査技師、放射線技師、栄養士が協力・連携して診療業務に携わってくれるため、医師は診療に集中することが可能となっています。

 

また、このような充実した診療体制および完全予約制を取っていることで、患者さんの待ち時間の短縮にもつながり、患者満足度を上げることができていると思います。
患者満足度が高いということは、診療レベルが高いということとは別次元の問題ではありますが、医療を行う上で非常に重要なファクターです。

 

このように、医療従事者、患者ともに満足度が高い医療を提供するということは、医療機関における理想像であり、当院ではそれに近い環境が整っていると感じています。

 

また、実はこれが一番重要な要素なのかもしれませんが、当院で働く方は、皆親切です。院内の雰囲気は、誰でも気軽に受け入れてくれるような感じがあり、とても働きやすい環境だと思います。

 

面接におこしになる医師からよくある質問

喘息の患者さんが中心のようですが、呼吸器が専門でなくても大丈夫ですか?
可能です。
先輩医師が丁寧にわかりやすく指導し症例数も多いため、半年から1年程度で自信を持って診療して頂けるようになります。
勤務日数の相談はできますか?
常勤医師の場合、週3日以上からご相談に応じます。
非常勤医師は週半日から可能です。
外来1コマの診察人数は?
半日で30名前後、1日60名前後です。
小児の診察はありますか?
ゼロ歳児から来院しますが、2診体制のため、未経験の先生は診察になれるまでは他の医師がフォローできます。
呼吸器疾患の診療と同様に先輩医師が丁寧にわかりやすく指導するので、ふだん内科外来を行っている先生なら2,3ヶ月で問題なく診療できるレベルに達します。

その他、ご不明な点や気になる点は遠慮無くメールや電話でお問い合わせください。
また、面接の際にはさらに詳細にご説明させて頂きます。見学も随時受付しています。

リクルートドクターズキャリアに掲載されました!

リクルートドクターズキャリアに
掲載されました!

 

当院で働かれる際の具体的な条件は以下の通りです。

当院で働かれる際の
具体的な条件は以下の通りです。

 募集要項

募集科目
内科医師(常勤)
給与
1800万円~(税込)
業務内容
外来 ※完全予約制
経験
卒後4年以上
勤務日数
週5日 ※週3、4日も応相談
当直
なし
勤務時間
8時45分~18時45分 うち休憩120分
休日
シフト制、祝日、年末年始休暇、夏期休暇
待遇
社保完備 ※自動車通勤可
勤務地
神奈川県横浜市南区六ツ川1-873-3
交通
京浜急行線「弘明寺駅」 よりバス約3分

【施設情報】診療科目/内科、小児科 ※医療クラーク、栄養士等在籍

【クリニックホームページ】https://www.kamimutsukawa.com/
【クリニックホームページ】
https://www.kamimutsukawa.com/

 

【お問い合わせ方法】
電話・メール・応募フォームのいずれかでお気軽にご連絡ください。

 

電話 045-306-8026
「医師の求人募集をみた」とお伝えください。
連絡可能時間 月~水、金 9:00~18:30, 木、土 9:00~12:00

 

メール clinic@kamimutsukawa.com
件名を「医師求人問い合わせ」とご記載ください。

スタッフ一同、あなたとの出会いを楽しみにしています!

応募フォーム

お名前 ※
電話番号(半角) ※
E-mail(半角) ※
希望職種 ※
医師(常勤)
質問・相談等

医師の求人はこちら