ブログカテゴリ
外来

糖質がアレルギー疾患に与える影響とは?

執筆者: わたなべゆうか(管理栄養士)
最終更新日 2021年11月23日
パンケーキ

近年では喘息や花粉症、アトピーなどアレルギー疾患に悩む人が増えていて、今では約2人に1人が何らかのアレルギー疾患を持っていると言われています。
薬で症状をやわらげることはできますが、多くは根本的な治療ではありません。
実は、アレルギー症状と食生活には大きな関わりがあります。
アレルギー症状が悪化する原因のひとつに、血糖値の乱れや糖質のとりすぎがあります。
そこで今回は、アレルギー疾患と糖質の関係についてお伝えします。

【参考資料】『花粉症患者実態調査報告書(平成29年12月発行)』東京都健康安全研究センター
http://www.tokyo-eiken.go.jp/files/kj_kankyo/kafun/jittai/houkokusho.pdf

1.現代人にアレルギーが増えている理由

なぜ、近年ではアレルギー疾患を持つ方が増えているのでしょうか。
大きな理由として、①住環境、②生活リズム、③食生活の変化が挙げられます。

1−1.住環境の変化

マンション

近年では、マンションをはじめ住居の密閉化が進んでいます。
住居が密閉化することにより、アレルゲンとなるダニやハウスダストが家の中にたまりやすくなります。
これらのアレルゲンを吸い込んだり、触れる機会が多いことでアレルギー症状を起こしてしまいます。

【参考資料】『生活衛生』広島市食品衛生協会
http://www.hirofha.sakura.ne.jp/seikatu/03_10.html

1−2.生活リズムの変化

24時間営業や通信技術の発達などにより、不規則な生活を送っている方が増えています。
アレルギーの症状は体内時計と関連性があり、夜間に食事をとるとじんましん反応が強くなるという実験結果が出ています。
つまり、食事や生活リズムが不規則になると、体内時計が崩れ、アレルギー症状が悪化することにつながります。

【参考資料】『スポーツ栄養Web』一般財団法人日本スポーツ栄養協会
https://sndj-web.jp/news/000452.php

1−3.食生活の変化

白砂糖

「飽食の時代」と言われている現代では、多くの食べ物が精製されています。
代表的なのは白砂糖です。
見た目や使い勝手は良いですが、食物繊維やミネラル等は含まれていません。
白米やパン、麺類等もほとんどが精製されたものです。
精製された糖質は血糖値を乱すので、アレルギー症状を悪化させてしまいます。

【参考資料】『アレルギーは「砂糖」をやめればよくなる!』溝口徹
http://www.seishun.co.jp/book/13253/

◆「アレルギーによる病気の症状・検査・治療の基本情報」>>

2.糖質がなぜアレルギーを引き起こすのか

コルチゾール

アレルギーの症状が悪化する原因のひとつは、アレルギーに対抗するコルチゾールというホルモンの分泌が減少するためです。
コルチゾールの分泌が減少するのは、糖質のとりすぎや血糖値の乱れが原因であることが多いです。
糖質の多いものをとると、血糖値の急上昇し、インスリンという血糖値を下げるホルモンが大量に分泌され、血糖が急激に下がります。
人の体にとって血糖値はできるだけ安定している状況が良いです。
 
特に、ブドウ糖を主なエネルギー源にしている脳は、血糖が急激に下がると危険を察知して防御反応を示します。そのときに分泌されるのが、副腎で合成されるコルチゾールというホルモンです。
本来コルチゾールは、緊急時のストレス下で分泌されるものですが、糖質摂取に伴う血糖の乱高下によって1日に何回も分泌されることりなります。
過剰に分泌されることにより、副腎に負担がかかり、コルチゾールの分泌が減少してしまいます。
結果として、アレルギー症状の悪化につながります。

【参考資料】『アレルギーは「砂糖」をやめればよくなる!』溝口徹
http://www.seishun.co.jp/book/13253/

3.糖質との付き合い方で心がけたいこと

血糖値の急上昇や下がりすぎを防ぐような食べ方をすることが大切です。
タンパク質

3−1.低糖質・高たんぱく質

糖質を控え、その分たんぱく質をしっかり摂ることが大切です。
単に糖質を制限してもエネルギー不足になってしまうので、たんぱく質を積極的に摂ることを意識しましょう。
たんぱく質は肉、魚、卵、大豆製品に多く含まれていて、1日に体重×1.5gのたんぱく質を摂ることが理想とされています。
お米などの主食は控えめにし、おかずをしっかり食べましょう。

◆「たんぱく質をたっぷり摂って美と健康を」>>

3−2.血糖値を上げにくい食べ順

同じものを食べても、食べる順番やタイミングによって血糖値の上がり具合は変わってきます。
空腹時に糖質が多いものを食べると、血糖値が急激に上がってしまいます。
食物繊維の多い野菜やたんぱく質のおかずを先に食べて、お米などの主食は最後に食べましょう。

【参考情報】『Food Order Has Significant Impact on Glucose and Insulin Levels』Weill Cornell Medicine
https://news.weill.cornell.edu/news/2015/06/food-order-has-significant-impact-on-glucose-and-insulin-levels-louis-aronne

3−3.間食のとりかた

高カカオチョコレート

小腹がすいたときには、血糖値を上げにくいものを選ぶことが大切です。
糖質が少ないものとしてはナッツ類、アーモンドフィッシュ、ゆで卵、さきいかなどがおすすめです。
甘いものを食べたいときには、たんぱく質が入っているプロテインバーや糖質控えめの高カカオチョコレートがおすすめです。
また、甘いものを食べるときには空腹時に食べるのではなく、食後のデザートとして食べましょう。

◆「管理栄養士が教える、糖尿病の方でも血糖値に影響が出にくい間食“8つ”のルール」>>

4.おわりに

糖質のとりすぎや血糖値が乱れないような食生活を意識することで、アレルギー症状の改善につながります。
・糖質を控え、たんぱく質を積極的にとる
・野菜やおかずを先に食べて、お米などの主食は最後に食べる
・甘いものを食べるときは空腹時ではなく、食後のデザートに食べる
・間食には血糖値を上げにくいナッツ類、アーモンドフィッシュ、ゆで卵、さきいかなどがおすすめ
まずは、ひとつでも自分にできそうなことから実践してみましょう!

電話番号のご案内 電話番号のご案内
当院の診察は完全予約制です
当院の診察は完全予約制です
アクセス
WEB予約
よくある質問集
求人募集
治験に関するお問い合わせはこちら
糖尿病教室
当院の診察は完全予約制です
アクセス

おすすめ記事

横浜市南区六ツ川1-81 FHCビル2階