インフルエンザとはどのような病気か~ウイルスの型と症状・対処法

監修: 三島 渉(医学博士、上六ツ川内科クリニック理事長)
呼吸器学会専門医/禁煙学会専門医/アレルギー学会専門医/内科学会認定医
医療法人社団ファミリーメディカル理事長

厚生労働省の報告によると、2017~2018シーズンのインフルエンザ感染者数は約2230万人で、統計を取り始めた1999年以降最多でした(*1)。

(*1) 厚生労働省, インフルエンザの発生状況について, 2017-12-1
https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-10900000-Kenkoukyoku/0000186630.pdf

近年はタミフルやリレンザ、イナビルなど新薬が次々販売され、治療も進歩していますが、時には死に至る恐ろしい病気であることには変わりありません。ですから、感染が疑われる症状が出たら、早く、正しく行動することが大切です。そこで今回は、インフルエンザの初期症状と対処法についてご紹介します。

1.インフルエンザとは

インフルエンザは、インフルエンザウイルスが原因で起こる感染症です。インフルエンザにかかると、高熱や体の痛みなど強い全身症状に急激に襲われます。その後遅れて、のどの痛みや鼻汁、咳といった風邪のような症状が現れてきます。

1-1.A型インフルエンザ

A型インフルエンザウイルスは、ウイルスの形を変化させて進化していく特徴があります。そのため、一度感染しても、変化したウイルスには体の免疫が効かず、同じシーズンに繰り返し感染することがあり、大きな流行になることがあります。

A型インフルエンザの初期症状

  • 流行時期:11月~2月が多い
  • 初期症状:38 ℃以上の高熱。頭痛、関節痛、筋肉痛など体の痛み。全身のだるさ。

1-2. B型インフルエンザ

B型インフルエンザウイルスは、同じシーズンに繰り返し感染することはあまりありません。またA型は、人から動物へ、動物から人へと感染することがありますが、B型は人と人との間でしか感染しません。

B型インフルエンザの初期症状

  • 流行時期:2月~3月が多い
  • 初期症状:下痢や腹痛などお腹の不調

1-3. その他のインフルエンザ

新型インフルエンザ
これまで一度も流行したことのない新しいウイルスが原因となって起こるインフルエンザです。ウイルスへの免疫を持っている人がほとんどいないため、世界的な大流行(パンデミック)となる可能性があります。

鳥インフルエンザ
鳥の感染症ですが、まれにウイルスが人に感染し、インフルエンザの症状を引き起こすことがあります。日本国内での感染例はありませんが、弱ったり死んだ野鳥を見てもさわらないでください

2.病院での検査と治療

症状がひどかったり、呼吸が苦しくてつらい時は、病院で診察を受けましょう。

特に、呼吸器・循環器・腎臓等の慢性疾患や糖尿病等の代謝疾患がある方、ステロイド薬の服用で体の免疫力が抑制されている方は、感染すると肺炎などの合併症を起こす危険性があります。疑わしい症状が出たら、すぐにかかりつけの病院に相談することをおすすめします。

小児の場合、インフルエンザ脳症という合併症が引き起こされることがあります。感染してから1~2日くらい後に、意識障害、けいれん、異常言動・行動等の症状が起こったら、すぐに病院を受診しましょう。

2-1. 何科を受診すればいいのか

持病があり定期的に病院に通っている方や、妊娠中の方は、かかりつけの病院に電話して対処法を聞きましょう。

それ以外の方は、内科を受診するのがよいでしょう。大学病院など大きな病院は、紹介状が必要なので、まずは近くの内科で診断を受けましょう。

2-2. いつ受診すればいいのか

症状が現れてから、12時間~48時間の間に受診することをおすすめします。

発症してから48時間以内に抗インフルエンザウイルス薬を服用すると、症状の悪化を防ぐことができる可能性が高くなります。また症状が出てから12時間以降に検査を行うと、正しい結果が出やすくなります。

2-3. インフルエンザの検査方法

一般的には、細い綿棒のようなものでのどの奥や鼻の奥をこすり、そこについたものを専用のキットで検査して、陰性(感染していない)か陽性(感染している)かを判断します。

検査の精度はA型で65%、B型で52%と言われ、検査で「陰性」と出ても、実は感染していた、ということもありえます。

そのため病院では、検査結果だけでなく、医師が症状や地域の流行状況などを総合的に見て判断します。

2-4. インフルエンザの治療薬

治療にはウイルスを攻撃する薬(抗インフルエンザウイルス薬)を使う場合と、つらい症状を和らげるための薬を使う場合があります。

抗インフルエンザウイルス薬
抗インフルエンザウイルス薬には、カプセルタイプの「タミフル」や錠剤の「ゾフルーザ」、吸入粉末剤タイプの「リレンザ」「イナビル」などがあります。どの薬も、発症後はできるだけ早く飲み始めることが大事です。

高齢者や子ども(新生児を除く)など、口から薬を飲むことが難しい方には、「ラピアクタ(ペラミビル)」という点滴タイプの薬を使うこともあります。

症状を和らげる薬
抗インフルエンザウイルス薬以外にも、高熱が出た場合には熱を下げる薬(解熱鎮痛薬)、咳が出る場合にはしずめる薬(鎮咳薬)などを使うこともあります。

3.インフルエンザと診断されたら

症状が治まった後も、ウイルスの感染力はまだ残っているので、元気になったからといって職場や学校に行くと、他の人に感染させてしまう恐れがあります。インフルエンザと診断されたら、できるだけ家の中で安静にして過ごしましょう。

3-1. 自宅療養中の注意点

  • 処方された薬は、医師の指示に従って、最後まで飲みましょう
  • 1日1回は体温を測り、記録しておきましょう
  • 充分な睡眠をとり、静かに過ごしましょう
  • 高熱で脱水を起こしやすくなっているので、こまめに水分を補給しましょう
  • 食事は口あたりがよく、やわらかく、消化のよいものにしましょう
  • 部屋の湿度は、50~60%にするのが望ましいです。
  • 1日数回、部屋の換気をしましょう

同居している家族は、できるだけ患者とは別の部屋で過ごしましょう。
患者と接するときにはマスクを着用し、看護の後は手を洗いましょう。
※ 患者が使った食器や衣類は、通常の洗濯や洗浄、乾燥で消毒できます

めったにないことですが、インフルエンザに感染した子どもが異常行動を起こし、高層階から転落するなどの死亡事故が報告されています。
未成年者がインフルエンザと診断された場合、事故を防ぐため、治療を開始してから2日間は一人にしないように注意してください

3-2. 職場や学校へ行けるタイミング

少なくとも、熱がさがってから2日目までは、外出しないようにしましょう。

学校保健安全法では、児童・生徒がインフルエンザと診断された場合、「発症した後5日を経過し、かつ、解熱した後2日(幼児は3日)を経過するまで登校しないこと」とされています。出席停止の期間については、学校や園に確認しましょう。

社会人の場合、職場復帰についての決まりは特にありませんが、周囲への感染拡大を防止するためにも、インフルエンザと思われる症状が始まった日の翌日から7日目までは、できるだけ不要な外出をしないようにしましょう。

4. まとめ

  • 高熱や体の痛み、お腹の不調が急激に起こったらインフルエンザを疑う
  • 症状が現れてから12時間~48時間の間に、かかりつけの病院か近くの内科を受診しましょう。
  • 療養中は医師の指示通りに処方薬を服用し、こまめに水分を摂りながら、できるだけ安静に過ごしましょう。
  • ほかの人への感染を防ぐため、少なくとも熱がさがってから2日目までは、外出しないようにしましょう。
参考文献

監修者プロフィール

三島 渉 (医学博士、上六ツ川内科クリニック理事長)
呼吸器学会専門医/内科学会認定医/禁煙学会専門医/アレルギー学会専門医
医療法人社団ファミリーメディカル理事長

平成9年横浜市立大学医学部卒業。呼吸器内科専門医として活躍する一方、現代医学の限界を痛感。医学研究による解決を目指し、横浜市立大学大学院入学。分子細胞生物学を専門として、がん転移に関連する細胞機能の研究を行い、平成17年医学博士取得。

その後再び臨床の現場に戻るも、症状がひどくなってからでないと来院してもらえない医療の世界の構造的な問題を認識。

「症状がまだ軽いうちに気軽にかかってもらえるクリニックをつくろう」と決意し、平成19年横浜市南区に呼吸器内科専門の「上六ツ川内科クリニック」を開院。病気が進行すると改善が難しい呼吸疾患の早期発見・早期治療の重要性を伝えている。

現在、毎月500人以上の喘息患者と100名以上のCOPD患者を診療。禁煙治療にも力を注ぎ、呼吸器疾患で苦しむ人のいない社会の実現を目指している。年間約100名の禁煙指導を行い、84.6%の禁煙成功率を達成している。

電話番号のご案内 電話番号のご案内
当院の診察は完全予約制です
アクセス
予防接種予約
WEB予約
よくある質問集
医師募集
スタッフ募集
治験に関するお問い合わせはこちら
糖尿病教室
当院の診察は完全予約制です
アクセス

記事のカテゴリー

神奈川県横浜市南区六ッ川1-873-3