ご予約・ご相談はこちらから
横浜弘明寺呼吸器内科・内科クリニック

呼吸器内科を横浜市でお探しなら、当院へお越しください

呼吸器内科だからこそ、治せる病気があります

  • 咳が2週間以上治らない…。
  • 咳のせいで夜ぐっすり眠れない…。
  • 痰がからんで苦しい…。
  • 咳き込むことが多く、周囲から不安の目でみられてしまう…。
  • 仕事や日常生活に支障を来すほどの息苦しさがある…。

呼吸器内科トップ

もしこのような症状にお悩みだとしたら、喘息COPD肺がん結核などの呼吸器系の病気にかかっているかもしれません

呼吸器内科である当院には、一般内科や耳鼻科に通っても症状が改善しないという方が数多く来院されます。

横浜市内だけではなく、神奈川県全域や他県からも来院されますが、このような方々は近隣の医療機関にかかっても咳や痰などの症状が改善せず、悩んだ末に当院にいらっしゃる方がほとんどです。

◆咳が止まらないのはどうして?>>

なぜ、一般内科や耳鼻科では治せないのでしょうか

その原因の一つには、呼吸器内科を専門としていない医療機関の医師は、咳の要因となっている病気に対する知識や治療経験が少ないことがあげられます。

特に「喘息」はアレルギー疾患の一種であり、風邪などのウイルス性のものとは区別しなければならないため、経験と知識がある医師でないと見過ごされてしまう恐れがあります。

さらに、呼吸器に関する検査機器は、ここ数年のあいだに急速に進歩してはいますが、ほとんどの医療機関にはこれらの検査機器が導入されていないため、たとえ咳の治療に習熟した呼吸器内科の医師であっても、その実力を十分に発揮できる環境は少ないのです。

したがって、経験豊富な専門医の診察と十分な検査設備が揃って、はじめて、その患者さんにあった効果的な治療が可能となるのです。

◆「喘息や咳喘息にベストな病院選び」について>>

◆喘息以外のアレルギー疾患に関する記事一覧

当院の“3つ”の特徴

1.診療実績3万件以上の呼吸器内科専門医が診察しています。

大学病院をはじめとする総合病院などでは、経験豊富な医師はごく一部であり、実際の診療は、経験の浅い医師の割合が多いのが実情です。

当院では、初診で書いていただく問診票を確認し、専門医の診察が望ましいと判断される場合は、たとえ軽い症状でも日本呼吸器学会専門医・日本アレルギー学会専門医である理事長の三島が必ず一度は診察します。経験豊富な専門医が丁寧に診察し、必要な検査を確実に行うことで、正確な診断と治療方針の決定が可能になります。

◆理事長・三島渉より皆さまへ>>

◆「呼吸器内科の専門医とはどのような職業か」>>

2.正確な診断に欠かせない、大学病院並みの検査機器を完備しています。

呼吸器系の病気の診断に使用する検査機器は、近年急速に進歩しています。胸部レントゲン、心電図、血液検査などはほとんどの医療機関でも受けられますが、専門的な呼吸器検査機器を備えている医療機関はあまりありません。

当院では呼吸器の機能を調べる検査機器を取りそろえていますので、病気の正確な診断、早期治療に繋がりやすいのが特徴です。

モストグラフ
モストグラフは検査を受ける方に努力を強いることなく、安静呼吸をしてもらうだけで短時間に末梢気道の評価ができます。
呼気一酸化窒素ガス分析
吐いた息の中に含まれる一酸化窒素濃度を測定する検査です。
スパイロメーター
呼吸機能を検査するための医療機器です。
血液ガス検査
酸素不足や呼吸不全の患者様の正確な病状を把握するのに必須の検査です。
胸部CT
呼吸器疾患の正確な診断には、必要不可欠な画像検査です。当院では最新型のCTを備えた専門医療機関と提携しており、当院から直接予約して検査が受けられます。
◆「呼吸機能検査」について>>

3.国内外の学会が定めた治療方針に基づき、世界中で認められている治療を提供しています。

2019年、全国の気管支喘息患者3,000名を対象に行われた調査によると、重症喘息患者の64.1%が、専門医の紹介を受けていないことがわかりました。

【参考情報】アストラゼネカ 喘息患者さんの実態調査 第三弾
https://www.astrazeneca.co.jp/media/press-releases1/2019/2019100301.html

当院では、『喘息予防・管理ガイドライン2018(日本アレルギー学会)』に基づき、診察実績3万件以上の経験豊富な専門医が、患者さんの症状を診ながら薬の種類や量を調整し、適切な治療を行っています。

また、日本人の10人に1人が患っていると推測されるCOPD(慢性閉塞性肺疾患)に関しては、適切な治療を受けている方はそのうち4%程度に過ぎないことがわかっており、当院では『診断と治療のためのガイドライン2018 第5版(日本呼吸器学会)』に沿って診断・治療を行っています。

【参考情報】NICE(Nippon COPD Epidemiology)スタディ
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/15612956/

呼吸器内科を横浜市でお探しなら、当院へお越しください

クリニック外観

当院は完全予約制なので、診察までの待ち時間は30分程度です。

総合病院では、診察室に入るまで2時間以上待つことも珍しくありません。検査をして医師の説明を聞くと、ほぼ1日を費やしてしまいます。

当院では、専門的な検査と専門医による診療を、はるかに少ない待ち時間で受けていただくことができます。

*予約せずにご来院されますと2時間以上お待たせすることがあります。当日でも結構ですので、必ずお電話でご予約ください。

*午前中の予約枠は毎月継続して通院されている方で予約が埋まっており、非常に限られた診療枠となっています。近日で診察を希望される場合は、なるべく早めにお電話(045-306-8026)ください。

日本を代表する名医から当院への推薦をいただいています

石ヶ坪 良明 先生

元横浜市立大学大学院 医学研究科 病態免疫制御内科学 教授
第15回国際ベーチェット病会議会長
神奈川県感染症医学会 理事長(平成24年9月~現在)
AIDSネットワーク横浜 顧問(平成24年4月~現在)
神奈川難病財団副理事長(平成19年4月~平成24年3月)

「“地域で患者さんと接しながら、呼吸器内科の専門医療を提供したい”という熱い意欲に負けて医局を送り出しました」

詳しくはこちら
望月 博之 先生

東海大学医学部専門診療学系小児科学 教授

東海大学付属病院で小児の呼吸器・アレルギー外来を専門に担当しています。

最近の小児のアレルギー疾患の増加には目を見張るものがあります。ぜんそくはアレルギー疾患の代表で、受診する患者さんも数多くおられます。

詳しくはこちら
横浜弘明寺呼吸器内科・内科クリニックでは「地域密着の姿勢を保ちながら専門性の高く信頼できる医療」をモットーに私の専門分野である呼吸器内科の診療を中心として、内科・小児科の診療を スタッフ一同全力で行っています。皆様の健康の窓口として、どんなことでもお気軽にご相談ください。
なかなかよくならない咳でお悩みではないですか?
まずはお電話でご相談ください
当院は京浜急行線弘明寺駅より徒歩3分、またはJR東戸塚駅よりバス25分です

京浜急行線弘明寺駅より徒歩3分
JR東戸塚駅よりバス25分

HOMEに戻る