ご予約・ご相談はこちらから
横浜弘明寺呼吸器内科・内科クリニック

喘息や止まらない咳でお困りですか?
呼吸器内科の専門医があなたのお悩みにお応えします。

・「呼吸をする時にゼーゼーヒューヒューと音が出る」

・「咳が止まらず夜中に目が覚める」


これらは、典型的な喘息の症状です。

喘息は、空気の通り道(気道)が、炎症によって狭くなる病気です。咳や痰に加えて、息苦しさや喘鳴など、さまざまな症状があります。

喘息咳

<喘息症状が起きやすいのはこんな時>
◉夜間〜早朝にかけて
◉季節の変わり目など、気温差が激しい時
◉天気が悪い時や、変わりやすい時
◉疲れている時
◉風邪をひいた時
◉タバコの煙や強いニオイを吸った時

また、胸の痛みや喉に感じる違和感なども、喘息の症状のひとつです。

これらの症状を放っておくと、気道の粘膜に変化が起こり、気道が狭くなったまま元に戻らなくなってしまい、発作の頻度が多くなったり症状が重くなったりします。

最近では咳だけの喘息(咳喘息)も増加傾向にあります。

◆「咳がとまらないのはどうして?」>>

喘息の原因は慢性的な気道の炎症です

喘息は気管支の慢性的な炎症(赤く腫れ、熱を帯びて腫れた状態)によって発症します。

タバコやアレルゲン(ホコリ、ダニ、犬や猫の毛など)、ウィルス感染、ストレスなどが刺激となって炎症が起こることにより、咳、痰、呼吸困難などの症状が出るのです。

気道の炎症

残念ながら現代の医学では喘息を完治することができないため、発作が起きないようにうまく付き合っていく必要があります。

◆「喘息と気管支炎の違い」について>>

喘息を放っておいたり、治療を途中で辞めてしまうと…

ぜんそくを放置したり治療を止めてしまうと…

よく、症状が良くなってきたからといって治療を中断してしまう方がいらっしゃいます。しかしその結果、炎症のコントロールが不十分になり、以前より重症になることがあります。

気道の炎症は慢性的に続いているものなので、発作や症状がない時でも、定期的な治療はそのまま続けることが大切です。

重症化した場合、最悪のケースでは死に至ります。喘息による死亡の3割が、発作後1時間~3時間で亡くなる「急死」です。

日本では現在でも毎年2000名弱の方が喘息で亡くなっています。

喘息の患者さんにとって、最もつらい症状は発作ですが、発作をとめる薬だけで「自分はちゃんと治療している」と勘違いしている方も多くいます。しかし、発作のときの治療だけでは不十分なのです。

発作を抑えるのはもちろん大事ですが、一番大切なことは、「発作が起こらないように炎症をコントロールすること」です。

炎症に対する治療を行わなければ、発作が何度も何度も起こり、さらなる悪化を招いてしまいます。

治療によって上手にコントロールすることができるようになれば、気道の状態を観察しながら主治医の判断によって、お薬の量を減らしていくことも可能です。

◆「喘息治療のゴールと治療法」について>>

喘息治療は専門医による早期治療・継続治療がカギになります

ここまでのお話から、喘息には早期治療と継続治療が大事だということがおわかりいただけたと思います。

正しい治療を続けてきちんとコントロールができれば、発作の心配が減り、健康な人と変わらない生活を送ることができます。

夜の発作で眠れないこともなくなりますし、趣味やスポーツも楽しむことができるようになりますので、安心して治療を継続していきましょう。

◆「喘息や咳喘息にベストな病院選び」について>>

◆その他、咳に関する記事一覧はこちら>>

日本を代表する名医から当院への推薦をいただいています。

望月 博之 先生

東海大学医学部専門診療学系小児科学 教授

東海大学付属病院で小児の呼吸器・アレルギー外来を専門に担当しています。

最近の小児のアレルギー疾患の増加には目を見張るものがあります。ぜんそくはアレルギー疾患の代表で、受診する患者さんも数多くおられます。

詳しくはこちら
当院の呼吸器内科専門医が
大学病院並みの
検査機器を駆使して
あなたの咳の原因をつきとめます。
止まらない咳でお悩みの方、
お気軽に当院までご予約・お問い合わせください。
喘息でお悩みではないですか?
まずはお電話でご相談ください
当院は京浜急行線弘明寺駅より徒歩3分、またはJR東戸塚駅よりバス25分です

京浜急行線弘明寺駅より徒歩3分
JR東戸塚駅よりバス25分

京浜急行線弘明寺駅より徒歩3分
JR東戸塚駅よりバス25分

2回目以降の御予約はこちら  
HOMEに戻る