ブログカテゴリ
外来

喘息治療に用いる気管支拡張剤「テオドール」の特徴と効果、副作用

医学博士 三島 渉(横浜弘明寺呼吸器内科・内科クリニック理事長)
最終更新日 2023年01月24日

テオドールは、主に喘息の治療に用いる気管支拡張薬で、気管支炎やCOPD(慢性閉塞性肺疾患)の治療に使用することもあります。

この記事では、テオドールの使い方や効果、副作用などについて解説します。初めて使う方も、使っているうちに疑問点が出てきた方も、ぜひ最後まで読んでください。

1.テオドールとはどのような薬か

テオドールは、テオフィリンという成分を主とした薬です。気管支の炎症を抑え、炎症によって狭くなった気管支を拡げて呼吸をラクにします。

錠剤(テオドール錠)のほか、顆粒もあります。

【参考情報】『テオドール錠添付文書』
https://www.info.pmda.go.jp/go/pack/2251001F2115_2_12/?view=frame&style=SGML&lang=ja

『医療用医薬品 : テオドール』KEGG MEDICUS
https://www.kegg.jp/medicus-bin/japic_med?japic_code=00048863

『医療用医薬品 : テオフィリン』KEGG MEDICUS
https://www.kegg.jp/medicus-bin/japic_med?japic_code=00059597

2.テオドール錠の使い方


テオドール錠は、通常、成人は1回につき1錠(200mg)を、1日2回・朝と就寝前に、水かぬるま湯と一緒に飲みます。

しかし、喘息の患者さんは、1回につき2錠(400mg)を1日1回・就寝前だけに服用するよう、医師から指示されることがあります。

テオドールを使用する際には、患者さん一人ひとりに合わせた投与計画をしていくので、年齢や症状に応じて服用量や回数が変わることがあります。

ですから、必ず医師の指示に従って服用し、自己判断で量や回数を調節しないようにしましょう。

◆「呼吸器内科の専門医とは」>>

3.テオドール錠の副作用


テオドールの副作用には、以下のようなものがあります。

・吐き気
・頭痛
・腹痛
・食欲不振
・動悸
・神経過敏
・不眠

テオドールの成分であるテオフィリンは、カフェインと似たような作用をするので、コーヒーやチョコレート、エナジードリンクなどカフェインが含まれた飲食物を多く摂ると、上記のような副作用が現れることがあります。

◆「喘息の人はコーヒーを飲むべき?控えるべき?」>>

特に注意すべき副作用としては、痙攣、意識障害、急性脳症、横紋筋融解症、消化管出血などがあります。

以下のような症状が現れたら、すぐに主治医に報告してください。

・顔や手足の筋肉がぴくつく
・自分の意思とは関係なく体が動く
・脱力感
・急に体がだるくなる
・ふらつきがあり冷や汗が出る
・力が入らない(力が入りにくくなる)
・体がかゆくなる
・体重が減る

【参考情報】『テオドール錠200mg』くすりのしおり|くすりの適正使用協議会
https://www.rad-ar.or.jp/siori/search/result?n=8684

子どもが発熱時に服用すると、副作用が出やすくなります。風邪などで熱が出た時は、医師と相談しながら、一時的に量を減らすことがあります。

【参考情報】『医薬品・医療機器等安全性情報』厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/houdou/2006/01/h0126-1.html

4.使用上の注意点

テオドール錠は、体の中で徐々に薬剤が放出され、薬の効果が長く続くように設計されている「徐放性製剤」というタイプの薬です。

そのため、噛み潰してしまうと、薬の効果が急激に現れてしまうことがあります。特に、お子さんが噛み砕いて内服しないよう注意してください。

【参考情報】『徐放性製剤の粉砕投与』日本医療機能評価機構
https://www.med-safe.jp/pdf/med-safe_158.pdf

錠剤が大きくて飲みにくいと感じる方は、小さいものに変えたり、二つに割って飲むこともできるので、医師や薬剤師にご相談ください。

飲み忘れた際は、すぐに気づいた場合は1回分を飲んでください。遅くに気づいた場合は、忘れた分を抜き、次回から指示通りに飲んでください。

妊娠中やその可能性のある方、授乳中の方は医師に相談してください。

◆「喘息の女性が気になる妊娠中の不安や疑問に答えます」>>

【参考情報】『Asthma During Pregnancy』Asthma and Allergy Foundation of America
https://www.aafa.org/asthma-during-pregnancy/

また、タバコを吸ったり、セントジョーンズワート(セイヨウオトギリソウ)というハーブを摂ると、薬の効果が弱まることがあるので避けてください。

【参考情報】『St. John’s wort』Mayo Clinic
https://www.mayoclinic.org/drugs-supplements-st-johns-wort/art-20362212

◆「新型タバコ(加熱式・電子)がもたらす健康被害」>>

テオドールは、ほかの薬と一緒に服用すると、効果が減ったり、逆に効果が強く出過ぎてしまうことがあります。

他の診療科を受診したり、別の医療機関で薬の処方を受ける際には、必ずテオドールを内服していることを医師に伝えましょう。

【参考情報】『テオドール錠添付文書』
https://www.info.pmda.go.jp/go/pack/2251001F2115_2_12/?view=frame&style=SGML&lang=ja

5.テオドールの薬価

テオドールの薬価は、以下となります。

・テオドール錠50mg 5.9円
・テオドール錠100mg 8円
・テオドール錠200mg 12.5円
・(参考)テオドール顆粒20% 16.2円

テオドールの代わりとなるジェネリック医薬品は「テオフィリン徐放錠」です。

【ジェネリックの参考薬価】
・テオフィリン徐放錠50mg「サワイ」 5.9円
・テオフィリン徐放錠100mg「サワイ」 5.7円
・テオフィリン徐放錠200mg「サワイ」 5.9円

【参考情報】『テオフィリン徐放錠添付文書』
https://www.info.pmda.go.jp/go/pack/2251001F2166_1_02/

6.おわりに

テオドールの主成分であるテオフィリンは、血中濃度が上がるほど効果も期待されますが、高濃度になるほど副作用が出やすくなるので、定期的に血中濃度を測定する必要があります。

副作用は、薬の量を減らし、テオフィリンの血中濃度をコントロールすることで改善されることがあるので、つらい時は医師に相談してください。

◆横浜市で呼吸器内科をお探しなら

電話番号のご案内
電話番号のご案内
横浜市南区六ツ川1-81 FHCビル2階