リウマチの初期症状、検査なら
専門医の在籍する当院におまかせください

関節がこわばる、腫れる、微熱がある…
それはリウマチかもしれません

■関節リウマチは早期治療で日常生活に復帰できます。

関節リウマチは、免疫が異常を起こす「自己免疫疾患」のひとつで、関節を守る組織や骨、軟骨を外敵とみなして攻撃し、壊してしまう病気です。

症状としては主に、手指(指の付け根、指先から二番目)足趾、手首の関節の痛みと腫れが数週間から数か月の間に徐々に起こります。触れると熱感があることもあります。肘や膝の関節にも痛みと腫れがみられます。

痛みは最初、一つあるいは少数の関節から始まりますが、左右の同じ部位の関節に起こるのが特徴です。早期に治療すれば、痛みやこわばりなどの症状がおさまり、関節破壊や変形まで病気の進行を防ぐことができます。

■他の病気と勘違いし、治療が遅れがちです

関節に痛みが生じる他の病気(五十肩、腱鞘炎、通風、変形性関節症、外反母趾など)と勘違いし、関節リウマチの治療を始めるのが遅くなってしまうことが多いようです。早い段階で「リウマチ」だと分かることがとても重要です。



■リウマチを放っておくと、寝たきりになることも

リウマチは放っておくと、関節の変形がどんどん進行し、ひどくなると寝たきりになる可能性もあります。また、内臓の病気を発生したり、寿命にも影響することもあります。



関節リウマチかもしれない、6つの症状チェック
1. 寝起きに手指が1時間以上動かしにくい
2. 関節が腫れている
3. 足の指や足の裏が痛む
4. 両肩、両ひざなど、左右同じ箇所が痛む
5. よく口内炎ができる
6. 貧血気味である

関節リウマチかもしれないと思ったら
専門医に診察してもらいましょう

全身にたくさんの様々な症状が現れるため、診断が困難と言われるリウマチ・膠原病ですが、関節の痛みやこわばりが気になったら、すみやかに専門医に診てもらうことが大切です。

関節リウマチの治療は近年大きく進化をし、近年確立されつつある、抗リウマチ薬による治療は、専門知識を要することに加え、副作用やリスクについての知識も必要とします。当院では経験豊富なリウマチ・膠原病専門医が診察を担当し、適切な治療を提供いたします。

初期状態での治療について

はじめに、特別な血液検査やX線検査を用いて、リウマチかどうかの診断を行います。リウマチである場合は、抗リウマチ薬でリウマチの免疫異常を調整・抑制して炎症を抑えます。

早ければ服用を始めて2週間目頃より症状が良くなりはじめます。この時期に適切な治療を開始できれば関節の破壊は阻止でき、コントロールを続ければ、生活の質を損なうこともありません。

すでにリウマチの症状が出ている場合の治療

関節の軟骨や骨が破壊されてしまい、関節の脱臼や変形などが生じています。身の回りのことはできますが、外出時などは助けが必要な状態になります。

投薬でこれ以上の変形を食い止めます。抗リウマチ薬に加え、生物学的製剤(炎症を鎮めたり、関節が壊れるのを抑える)で治療をします。

重度リウマチ症状の治療

車椅子での生活や、もっと重症化して寝たきりに近い状態になっている場合は、投薬で病気の進行を止める治療がメインとなります。場合によっては、手術を行うこともあります。

当院は横浜市大センター病院をはじめ、各大学・専門病院との提携がありますので、診断によって、適切な医療機関をご紹介させていただきます。

▼
電話番号のご案内

リウマチの症状でお悩みではないですか?
まずはお電話でご相談ください

 

受付時間
午前9:00~午前11:30
(初診は11:00まで)

リウマチ・
膠原病科)
午後15:30~
午後18:00
(初診は17:30まで)
休診
リウマチ・
膠原病科)
休診

当院を受診していただく場合の流れ

ご予約

お電話はまたはWEBよりご予約をお願いします。ご予約なく来院されますと長くお待たせすることがあります。当日でも空きがあればご案内できますので、まずはお問い合わせください。

来院

京浜急行の弘明寺駅から神奈中バスで3分、上六ッ川停留所下車。横断歩道を渡ったら
当院があります。

問診表記入

受付を済ませ、診察の前に必要事項をご記入ください。

診察

医師に現在のお体の気になることをお話しください。

採血

リウマチかどうかを確認するための血液検査を行います。検査結果は次回の診察の際に
ご説明となります。

レントゲン

関節の状態を確認するためのレントゲン撮影を行います。
結果は次回の診察の際にご説明となります。

お会計

受付でお会計を済ませてお帰りください。

専門医からのメッセージ

火曜日午前を担当させていただきます。専門は関節リウマチ・膠原病です。関節の朝のこわばり、関節痛、筋痛、皮疹、目や口の乾燥感、寒い時に指が白くなる、口内炎を繰り返す、咳、微熱など気になる症状がありましたら、何でもご相談ください。


関節リウマチはできるだけ早く治療を始めるとその後変形を防げる 可能性が高くなります。「関節が腫れて痛い」「皮膚に湿疹ができる」 「高熱が続いている」など何か気になる症状がありましたらお気軽に相談してください。


患者さまに対しては「ひとつでも不安がなくなるように」という思いを持って診療にあたっています。気になる症状があり、少しでもご心配なことがあればご相談ください。

患者さんの声

リウマチ・膠原病科はなかなか見つからない、専門医の先生に会えたのは安心です。
リウマチ患者さまの声


リウマチ・膠原病科は市内の病院ではなかなか見つからず、近くの病院の内科にかかっていましたが、思うように行かず、インターネットでこちらの専門のリウマチ科の先生に出会うことが出来ました。今年の2月からかかっています。リウマチ性多発筋痛症というやっかいな病気で、つっぱりと痛みで私の場合は特に足で(左がひどい)歩けなる事もあります。他に脊柱管狭窄症もあるので、筋痛症のために痛いとは言えませんが、何しろ専門医の先生に会えたのは安心です。先日は特にひどかったのですが、担当の先生が親切によく触診して下さり薬を出してくださいました。少しずつ快方に向かうと思うので、これから病気と共存していく事となると思いますので、どうかよろしくお願いします。スタッフの方々もご親切でありがたいです。

横浜市磯子区 守木礼子さま(70代女性)

日本を代表する名医から当院への推薦をいただいています

石ヶ坪教授

「早期診断・早期治療が重要視される現在のリウマチ診療にとって、専門医が外来診療を行うクリニックは貴重。」

横浜市立大学大学院 医学研究科 病態免疫制御内科学 教授
石ヶ坪 良明 先生
私は、リウマチ・膠原病専門医として40年近くリウマチ・膠原病診療に携わってきましたが、関節リウマチの診療は、近年、生物学的製剤など新しいお薬が治療に導入され、以前のように関節リウマチ=関節の変形という図式は非常に少なくなっています。
すなわち、早期診断・早期治療により手術なども激減し、生物学的製剤など各種薬物療法の扱いに習熟したリウマチ専門内科医が中心となる診療に移行しています。

しかし、まだまだ、リウマチを専門とする内科医の人数は非常に少なく、「上六ッ川内科クリニック」のようなリウマチ専門医が在籍するクリニックは市中の内科クリニックとしては大変貴重です。
「上六ツ川内科クリニック」では、横浜市立大学医学部リウマチ・膠原病内科に所属する診療経験豊かな優秀な専門医が外来診療を行っています。地域の多くの基幹病院でも同じ横浜市大のリウマチ・膠原病内科に所属する医師が外来を担当しているため、入院精査が必要な場合にも受け入れはスムーズな連携がとれます。

さらに、クリニックならではの患者サイドに立ったきめ細かな診療も患者さんが満足して診療を受けられる大きな要因と思います。
上述のように、早期診断・早期治療が重要視される現在のリウマチ診療にとって、地域に根ざしたクリニックは貴重と考えます。

関節リウマチは関節破壊や変形が生じる前の診断・治療が重要です。
専門医がいる当院へお越し下さい。
▼
電話番号のご案内

リウマチの症状でお悩みではないですか?
まずはお電話でご相談ください

 

受付時間
午前9:00~午前11:30
(初診は11:00まで)

リウマチ・
膠原病科)
午後15:30~
午後18:00
(初診は17:30まで)

リウマチ・
膠原病科)
休診

2回目以降の御予約はこちら