マイコプラズマ肺炎にご注意を!

監修: 三島 渉(医学博士、横浜弘明寺呼吸器内科・内科クリニック理事長)
呼吸器学会専門医/禁煙学会専門医/アレルギー学会専門医/内科学会認定医
医療法人社団ファミリーメディカル理事長

初秋から冬に多くなる呼吸器疾患のひとつに「マイコプラズマ肺炎」があります。

 

マイコプラズマの正式名称は「Mycoplasma pneumoniae」という名前の微生物です。

微生物なのでウイルスより大きく、細菌より小さく、ウイルスにも細菌にもない性質を持っているのです。

ウイルスは人の細胞の中でしか増えないのですが、マイコプラズマ肺炎はウイルスとは違い、栄養さえあれば人の細胞外でも増えてしまう

とても厄介な存在なのです。

また、細菌は体を保つために細胞でいう膜のような壁が外側にあります。

ですが、マイコプラズマ肺炎には壁がありません。

 

代表的な抗生物質(ペニシリン、セフェム系など)の多くは細菌にある壁を破壊して

細菌を排除する作用を持ちます。

ですが、これらの抗生物質では壁の無いマイコプラズマに対して全く効果がないのです。

マイコプラズマ肺炎は主に気道に感染します。
呼吸系に感染すると、上気道炎・咽頭炎・気管支炎・肺炎になります。

放っておいてしまうと、合併症を引き起こし、中耳炎、副鼻腔炎などもみられることがあるので注意が必要です。

感染から発症までの潜伏期間は1~3週間ぐらいです。

季節では秋から冬に多いので、今現在、実はすでに感染してしまっている人もいる可能性があります。

感染経路はおもに唾液や咳で、集団生活で感染が広がりやすい病気のひとつです。

発症年齢は8~9歳がピークです。

乳幼児に感染した場合は風邪程度で済みますが、学童期頃になると肺炎を起こします。
同じように大人が感染した場合も肺炎になります。
実は、免疫力が強いほど、肺炎になりやすいのです。

<主な症状>
・ノドの痛み
・鼻水、鼻づまり
・37℃程度の微熱から39℃以上の高熱
・咳、痰のからむ咳(解熱しても1ヶ月近く続く症状)
・喘息の悪化、喘鳴(ゼイゼイ・ゴロゴロ・ヒューヒューといった呼吸)
・呼吸がしにくい呼吸困難

症状が比較的軽く済むケースが多いため、自覚が無いまま拡散してしまうことが多い病気です。

では、予防するにはどうすればいいでしょうか?

まずは基本的な「うがい・手洗い・マスク」が有効です。

治療法としてはマクロライド系の抗生物質が有効で処方されます。

マイコプラズマ肺炎は呼吸系だけでなく、肝炎・脳炎・多型滲出性紅斑などにかかる可能性もありますので、安易に市販薬に頼らず、早めに受診しましょう。

監修者プロフィール

三島 渉 (医学博士、横浜弘明寺呼吸器内科・内科クリニック理事長)
呼吸器学会専門医/内科学会認定医/禁煙学会専門医/アレルギー学会専門医
医療法人社団ファミリーメディカル理事長

平成9年横浜市立大学医学部卒業。呼吸器内科専門医として活躍する一方、現代医学の限界を痛感。医学研究による解決を目指し、横浜市立大学大学院入学。分子細胞生物学を専門として、がん転移に関連する細胞機能の研究を行い、平成17年医学博士取得。

その後再び臨床の現場に戻るも、症状がひどくなってからでないと来院してもらえない医療の世界の構造的な問題を認識。

「症状がまだ軽いうちに気軽にかかってもらえるクリニックをつくろう」と決意し、平成19年横浜市南区に呼吸器内科専門の「上六ツ川内科クリニック」を開院。病気が進行すると改善が難しい呼吸疾患の早期発見・早期治療の重要性を伝えている。

現在、毎月500人以上の喘息患者と100名以上のCOPD患者を診療。禁煙治療にも力を注ぎ、呼吸器疾患で苦しむ人のいない社会の実現を目指している。年間約100名の禁煙指導を行い、84.6%の禁煙成功率を達成している。

電話番号のご案内 電話番号のご案内
当院の診察は完全予約制です
当院の診察は完全予約制です
アクセス
予防接種予約
WEB予約
よくある質問集
医師募集
スタッフ募集
治験に関するお問い合わせはこちら
糖尿病教室
当院の診察は完全予約制です
アクセス

記事のカテゴリー

横浜市南区六ツ川1-81 FHCビル2階