ブログカテゴリ
外来

その症状、本当にただの風邪? 「風邪が治らない」と思ったときに疑われる別の病気

医学博士 三島 渉(横浜弘明寺呼吸器内科・内科クリニック理事長)
最終更新日 2022年06月30日

風邪のような症状がなかなか治まらないと、「もしかして別の病気では?」と不安になるかもしれません。

この記事では、風邪という病気の基本的な知識と、よく似た症状が出る別の病気について解説します。

1.風邪とはどのような病気か

風邪とは、鼻やのどなど上気道の粘膜にウイルスが感染して起こる急性の炎症です。

鼻に炎症が起きれば、鼻水・鼻づまりなどの症状が現れ、のどに炎症が起きれば、咳や痰、のどの痛みなどの症状が現れます。さらに、発熱や頭痛などが現れることもあります。

【参考情報】『Common Cold』Cleveland Clinic
https://my.clevelandclinic.org/health/diseases/12342-common-cold

風邪を根本的に治す薬はありませんが、栄養をとって安静にしていれば10日前後で治ります。咳やのどの痛みなどがつらい時は、症状を和らげる薬を使って対処してもいいでしょう。

◆「風邪をひいた時の基礎知識・対処法・病院受診の目安」>>

2.風邪をこじらせたらどうなるか


風邪の症状が長引いて悪化していくときに「風邪をこじらせた」と言います。このような場合、炎症が肺や耳などに達したり、風邪をきっかけに別の病気が引き起こされた可能性があります。

鼻やのど以外に炎症が起きれば、気管支炎や肺炎、中耳炎などになることがあります。

◆「「風邪をこじらせた」と思う時に疑われる5つの病気」>>

鼻水や発熱は治まったのに、咳だけが2週間以上続いている場合は、アレルギーや喘息を疑います。

◆「喘息の症状・検査・治療の基本情報」>>

3.風邪とよく似た症状が出る感染症


風邪と同じように、呼吸器に症状が出る感染症は数多くあります。その中でも、よくある病気を紹介します。

3−1.インフルエンザ

インフルエンザウイルスが原因で起こる呼吸器の感染症です。高熱や体の痛みなど強い全身症状が急激に現れ、その後、のどの痛みや鼻汁、咳といった風邪のような症状が現れます。

◆「インフルエンザとはどのような病気か~ウイルスの型と症状・対処法」>>

3−2.マイコプラズマ肺炎

マイコプラズマ・ニューモニエという病原体によって引き起こされる感染症です。発熱やのどの痛みなどの症状があり、激しい咳がしつこく続きます。

◆「風邪と間違いやすい「マイコプラズマ肺炎」とは?」>>

3−3.RSウイルス感染症

乳幼児に多い感染症で、風邪のウイルスの一種であるRSウイルスが原因です。鼻水や38〜39℃の発熱があり、続いて咳が出ます。

◆「子どもに多い「RSウイルス感染症」とは?」>>

3−4.クループ症候群

3歳くらいまでの子どもに多い病気です。発熱やのどの痛みから始まり、次第に声がかすれ、犬が吠えるような「ケンケン」という咳や、オットセイの鳴き声のような特徴ある咳が出るようになります。

【参考情報】『クループ』MSDマニュアル家庭版
https://www.msdmanuals.com/ja-jp/%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0/23-%E5%B0%8F%E5%85%90%E3%81%AE%E5%81%A5%E5%BA%B7%E4%B8%8A%E3%81%AE%E5%95%8F%E9%A1%8C/%E4%B9%B3%E5%85%90%E3%81%8A%E3%82%88%E3%81%B3%E5%B0%8F%E5%85%90%E3%81%AB%E3%81%8A%E3%81%91%E3%82%8B%E5%91%BC%E5%90%B8%E5%99%A8%E7%96%BE%E6%82%A3/%E3%82%AF%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%97

3−5.百日咳

百日咳菌に感染することで起こる病気です。

その名の通り、激しい咳が長期間続きます。「コンコン」「ヒー」という乾いた音のする空咳に加え、頭痛や筋肉痛など風邪に似た症状があります。

【参考情報】『百日咳』国立感染症研究所
https://www.niid.go.jp/niid/ja/diseases/ha/pertussis.html

3−6.新型コロナウイルス感染症

新型コロナウイルスに感染して起こる病気です。軽症だと風邪と見分けることは難しく、ほとんどの人は1週間くらいで自然に治ってしまいます。しかし、重症だと高熱や肺炎、呼吸困難などの症状が現れ、命にかかわることがあります。

新型コロナウイルス感染症が疑われる場合は、まずはお近くの病院に電話で相談するか、お住まいの市区町村のホームページから相談窓口を探してください。

◆「新型コロナウイルス感染症の基本知識」>>

4.病院を受診する目安


「ただの風邪ではないかもしれない」と思ったときは、念のため医師に診てもらうと安心です。

特に、以下のような方は病院で処方する薬が必要な可能性があります。

 ・咳がひどくて眠れない
 ・咳がひどくて呼吸が苦しい
 ・嘔吐が続いている
 ・咳が2週間以上続いている
 ・微熱が2週間以上続いている

何科を受診すればいいのか迷った時は、お子さんは小児科、15歳以上の方は内科か呼吸器内科を受診してください。

5.おわりに

風邪のような症状が続いていて不安な方で、特に「咳」が激しかったり、長引いているときは、咳の専門家である呼吸器内科医に一度ご相談ください。

当院では0歳から高齢者まで、幅広い年代の患者さんを診ています。

◆横浜市で呼吸器内科をお探しなら>>

電話番号のご案内
電話番号のご案内
横浜市南区六ツ川1-81 FHCビル2階