咳がずっと止まらない、もしかして
気管支炎かもしれません

咳をする女性

風邪かな?と思っていたら、咳だけ長引きなかなか治らない・・・。
なんてことありませんか?

今、大人の気管支炎が増えているのをご存知でしょうか
オフィスの空調、ストレスなどといった、働く大人ならではの環境も原因の一つのようです。

気管支炎とはどのようなもの?

気管支炎とは、太い気道である気管から枝分かれした、左右の気管支に起こる炎症です。
大きく急性慢性に分けられ、原因もそれぞれ異なります

  

急性気管支炎の主な原因

インフルエンザウイルス、アデノウイルスなどのウイルスに感染して、上気道炎(いわゆる風邪)を引き起こして弱った気道に更にウイルスや細菌(インフルエンザ菌、連鎖球菌、肺炎球菌)などの二次感染が起こって発症します。

主にたんを調べます。黄色や緑色の場合は感染している可能性があるため、抗生物質や抗ウイルス薬などが処方されます。
適切な治療をすれば比較的軽く済むことが多いですが、発熱や咳などの症状が長引く場合には肺炎や肺結核、胸膜炎を合併していることがあるので、注意が必要です。

また、気管支炎は似た症状の病気が多くあるため、はっきりと区別させるために血液検査やレントゲンを撮って調べることもあります。

急性気管支炎がひどくなって慢性気管支炎になるということはまずありませんので、十分な睡眠、栄養、休養を心がけることが大切です。

 

急性気管支炎の主な症状

気管支炎の症状というと咳が一番に思いつきますね。
風邪を引いた時でも、喉が痛かったりゴホゴホと咳が出たりしますが、それと非常に症状が似ています。

気管支炎は最初に乾いた咳がおこり、しだいに湿った痰をともなった咳に変わります。
咳は、空気の通り道にある異物を排除する体の防御反応で、通常は気管支炎の症状として起こります。

呼吸時にぜぇぜぇという喘鳴を起こすこともあります。
肺炎に進行すると、38度以上の発熱、せき・たん、全身倦怠感、時には呼吸困難を起こしたりします。

風邪をひいたあとに、熱や喉の痛みは消えたのに咳や痰が何週間も続くという場合がありますが、これは元々何らかのアレルギー素因があったり、別の肺疾患を合併していたりすることが少なくありませんので、アレルギー検査や胸部画像診断が必要になります。

 
 

慢性気管支炎の主な原因

喫煙

いわゆるCOPD(慢性閉塞性肺疾患)です。
原因の多くは喫煙と考えられています。

その他にはウイルスや細菌、一酸化炭素や硫化物などの大気汚染物質、公害、ほこりっぽいところやガスの出るところで働く職業も、肺に影響を受ける可能性があります。

また、成長期に極端に栄養状態が悪かった人はCOPDになりやすいともいわれています。

風邪を引いていないのに咳が出たり、いつまでも続いたりする場合は、重い病気の前兆の可能性もありますので、「たかが咳」と思わずに、早めに医師に相談し治療することが大切です。

院長のご挨拶

地域密着型で国内最先端の医療を

医療法人社団ファミリーメディカル 理事長
上六ツ川内科クリニック 院長 医学博士 三島 渉

上六ツ川内科クリニックでは、地域密着の姿勢を保ちながら専門性の高く信頼できる医療をモットーに、私の専門分野である呼吸器内科の診療を中心として、内科・小児科の診療を、スタッフ一同全力で行っています。

急な状態悪化がよくある呼吸器疾患に対応するために、土日も診療を行っています。皆様の健康の窓口として、どんなことでもお気軽にご相談ください。

院長は専門医として数々の認定を受けています

長く続く咳や息苦しさでお悩みでしたら当院にご相談ください

▼

電話番号のご案内

2回目以降の御予約はこちら